スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィシュア開発-NECソフト中国で20億円の損失

E58699E79C9F_convert_20111030162136.jpg

Offshore Development NEC Soft Cop Has 2 Billion Loss

This news was picked up by the magazine company called Niikei computer. NEC Soft Cop has failed offshore development in China, And then they had enormous loss in 2 billion yen.

As long as the author knows, it is not only NEC Soft but also other company has such experiences of case failed. Officers of IT vendors talk about it speak secretly, but it is usually thing looked from my side. The reason is "Tacit understanding" which is Japanese costom of Development commission. Person no matter how excellent technology in China and India can not develop high quality product with ambiguous requirments definition and design document. They can get some benefit by number of engineer and time because they contract their job by man-month unit price of order. Even just waiting or doing by themself untill accurate and detailed work instructions. That is fully natural providence, no body can not blame such circumstances. Western IT vendors dont do such same mistakes, Japan shouldnt do hide such failled case. In that sense, NEC Soft should be evaluate by frankly published althouogh a duty to disclose.

According to the NEC Soft, there are three reasons.
(1)The original schedule was tough.
(2)Development framework as a basis for development was inadequate.
(3)System deficiencies that the use of program components.
They don't blame the chinese vendor at all, it means they admit some trouble to system and how to request to them. Exactly in indeed domestic situation, they ask to subcontracting company even tight schedule. They did order same to Chinese company like Japanese without strict management. Project Manager might have direct responsibility for it, but there were some problem as structure and management mechanisms of compnay.

Anyway if NEC group learn something from this failed case, they can have advantage for strengthen the competitiveness of the future. So they need to consider measures to prevent recurrence as lessons learned in the group to share.
スポンサーサイト

どうして若者は3年で辞めるのか?

E58699E79C9F_convert_20111030162136.jpg


Why younger employee quit their company within 3 years?

I will introduce you a book which title is [why people quit their company within 3 years?]. This book was published at 2006, and then become best seller. In those days, it is said that 30 percent of employee would quit their company in 3 years. In other country, this phenomenon might not be unnormal. But japan is not, because almost of employee is protected their working life by permanent emplyment and seniority system. It is quite normal thing in unconsciously that they started to work after graduating universiy, they would have work untill 60 years and then get pension from country and also company for ther them old age.

well recently why younger employee try to quit their company although their working life is guaranteed. This book shows this answer from younger peopler's viewpoint. We ofen have hard from a lot of media like TV, newspeaper that recently young people is lazy and idle, not try to work hardly than compare a few decade ago. Older person accuse younger a such reason, and that is normal view. If you glance the title of this book, almost of people would think lazy younger people. But this book is not such kind book, and this is the reason this book became best seller. Subtitle has as "Seniorty system deprive future from younger"

What is Seniorty system? It shows that employee should work for only company in younger age even if it is monotonous and unintersted work. And they become older, then naturally their tecnical skill and salaly is higer year by year. If they obye company's order, they are able to have some better post, it means careea plan is given from company, they don't need to consider career.

But to keep senioty system, we have some important requirement. It means company have generate benefit permanently. But buble is collapse absolutely so it is reason buble is called buble. it means collapse of seniorty systems and permanent employment. And in place of adopt of new employment, they need to consider the their own plan what they want to do. and it occur the huge gap between company side and younger employee. If they have a own career plan to except their future, the company can not respond well. Then brilliant people decide to quite company. It exist some risky possible that if younger obey any order for company, but thot company don't have ability to respond it than before.

it is said this system is collapse for a long time ago, but actually it remain deeply in our society. I always wonder when I see some representative of company on the TV and magaizene, they are how older, althought older is not creative and not try to challenge new thing, forgettable and something. Besides it shows conspicuously in bigger and bigger company and close to public company and plitician.

This book shows that we has live in such our sense of value which has made in only growth economy days and it still remain in our society in any time, in any situation like to chose the school and company to talk our friend and farmily to marry someone to have date with girl in any situation we have. And writer said that we need remove such particular value in our head, and people should counsider to make career plan by themselves not from company.


アジア30か国中、日本の英語力は27位

E58699E79C9F-4_convert_20111030161940.jpg

アジア30か国中、日本の英語力は27位

アジア各国の「TOEFLスコア(2010)」でランキングしたところ、日本はなんと27位に位置するそうです。1位は英語が公用語のシンガポール、2位はなんと準公用語が英語のインド、そして3位はマレーシア、フィリピン、パキスタンの順です。

フィリピンが3位で、インドが2位というのはちょっと驚きです。たしかにインドは準公用語が英語ですが、英語を使えるのは大学まで通う人たちです。徐々に改善しつつありますが、インドでは学校教育を受けていない人もいまだに多くいるので、ローカルな場所では現地語しか通じません。学校教育を受けている人たちだけでテストを受けたんでしょうが、それでも英語大国のフィリピン人よりも高いのはちょっとびっくり。
それだけ多言語で育ったインド人が言語強いということでしょう。

そして日本はというと下から3番目。高い教育水準でほぼ全国民が学校教育を受け中学生の頃から英語を習っているとは思えない結果です。

でもこれは当然といえば当然な気がします。いくら日本人が得意なペーパーテストでも、どう比べても英語でアジアに勝てるはずがないです。上位に位置する国の多くは、皆英語を学んでいますが、他の教科もほとんど英語で授業を受けています。たとえばプログラムの勉強をするために本屋にいっても英語だし、インターネットも英語のページを検索。映画をみるときはすべて英語、字幕をつけるとしても英語。

それに比べて日本はというと、英語を習うのは英語の時間だけ、英語を教えるのはテストの答えは知っているけど英語がたいしてできるわけでもない日本人先生が日本語で話しかける。テレビはすべて日本語、映画は日本語吹き替えか日本語字幕、私生活で英語に触れる機会は一切ない。

どこをどう見ても英語でアドバンテージを持てるはずがないですよね。でもそれでも下から3

番目というのはちょっと低すぎる気がしますが・・・
ただ同じような環境で育っている韓国が、9位というのは驚き。TOEICのように単に英語のペーパーテストが得意なのか、それともほんとうに英語力が高いのか、とても注目すべき点です。

The reason Japanese can't use English.

I found in Enternet The lanking of TOEFL score in Asia at 2010.
What do you think Japan is which number, and first rank is which country?

-Rank -Country -Score
First Singapol 98
Second India 92
Third Malasia 88
Philippines 88
Pakistan 88

And Japan is 27 in 30 countries.
This is the question to Japanese Businessman that "What is your self-investment", English is 8.5 persent. And "If you were student, what have you should?" English is 63.1 percent in Number 1.
This resourlt shows that they consider English is so important although it is through.

Why they can not use English well regardless of therir diligent charactaristic.A paerson show that answer. He think the reason that the goverment make us dislike English.
The goverment admit "Japanese need english education more", and they started to have a plan that "The action for japanese to use English", it began to learn english in school from middle school students to Elementary school students.
But Japanese teacher is teaching for them. Actually almost of them can not use English well, although they teach them English over talking to in Japanese. They know the answer of test but not to know how to speak and use.
That is very wonder thing student have learned english from a person who don't know English.
I mean if we change native level of english teacher from them, we can imporve it efficently. Goverment just protect employment of Japanese teacher who are public empoyee.

We have learned English for 8 years from middle school to university, taht make us to have complex not to use english. In spite of 8 years, they can not use it at all.
But that is tric of statistics. Actuay we don't have time so much to learn it. we have a english class in a day, and 5 days in one week, and 40 week in one year, we have 200 hour by multiplying 5 and 40, The sum of learnning time is only 68 days( almost 3 months ) in 8 years.
It means English is not difficult to Japanese, they just don't have enought time to learn it.

インド人エンジニアと日本人エンジニア

E58699E79C9F-4_convert_20111030161940.jpg

インド人エンジニアと日本人エンジニア

最近ブログを書くのをさぼっていましたが、またがんばって更新していこうと思います。

今日はインド人エンジニアと日本人エンジニアについて。もちろんインド人エンジニアといっても、わたしが一緒に仕事したことがある狭い世界の話です。

インドに来て早くも3ヶ月が経ちましたが、インド人エンジニアと一緒に仕事をして思うことは、やはり本とかで書かれているような一流と言われるエンジニアはごく一部なんだなと思った。そういう優秀なエンジニアは、アメリカへ渡るかインフォシスのようなインドの大企業に行ってます。
多くの一般インド人はそれほど優秀というわけではないです。ただそれでもプログラム力と言語力は相当高い。とくに日本人エンジニアと比べるとその差は歴然です。

言語でいえば、ITで働くエンジニアは皆英語が使えます、参考書も英語だしネットで調べるときも英語で検索します。またうちのインド人は皆日本語を習っていますが、5年くらい働いているスタッフなら仕事で使えるレベルまで上達します。日本人エンジニアで英語がばりばりできて、現地語まで使える人はまずいないので、どれくらいすごいかは簡単に想像できるでしょう。

プログラミングもこれもレベルが高いです。理系離れが進む日本と違って、インド人はみな理系が強いです。また、日本人でSierで働いたことがある人ならわかると思いますが、日本でエンジニアの仕事といっても多くは、誰がいつ読むかもわからにいようなドキュメント作りだったり、テストやら保守、運用でほとんどの人はプログラムとは無縁の仕事をしています。たぶん6割以上は。また、日本ではプログラムほど待遇や労働条件の悪い職種はいないので、仕事ができる人ほど、プログラムから離れて行く傾向にあります。
それに比べてうちのインド人スタッフはネイティブレベルのCから言語を学びます。最近では便利なツールで誰でも簡単にプログラムできますが、.Netを使わずにWindowsネイティブのWin32から始めます。

というわけでインターナショナルに働くプログラマーという観点でみれば、間違いなくインド人には勝てないでしょう。ただ仕事ができるかどうかという点でみれば、日本人エンジニアは負けていないし、むしろ日本人の方がポテンシャルが高いと思っています。

その理由は、所詮プログラムや言語というのは仕事をする上での手段の1つであって、これができるから仕事ができるというわけではないから。仕事ができるかどうかは、決まって期限までにいかに完成度の高いものを作れるかどうかです。んでそのためにどうするか、ということがすごく大事です。
これはインド人は極端に弱いです。例えると、日本人は電車が1分でも遅れると遅いと感じるほど時間に厳しい環境で育ってます。インドでは電車なんて遅れるのは当たり前。遅れてもそういうものなんだなという感覚しかない。
また、飲食店やら不動産やらどこにいってもサービスが悪いです。悪くはなくても良いとはいえないとこばかりです。
こういう感覚で育った人たちに高いレベルのものを要求しても無理です。できるできないの前に"知らない"から。

なのでまだまだ日本人エンジニアにもアドバンテージはたくさんあります。だからといってプログラムはどうでもよくてマネージャーができればいいやという答えに出そうですが、これはノーです。なぜかというと日本でもそうですが、システムの中身やプログラムのことが一切わからないエンジニアにあーだこーだ上っ面で指示されても誰もついてこないから。ましてやそれで英語もできないようであれば、余計信用度はますます下がります。

いかに効率よく短い期間でプログラムを学んで、多国籍のチームをまとめられるリーダーの経験を積むことが、これからのグローバル社会を生き抜いて行く上でとても一番重要なことです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

若手の海外派遣「義務化」 グローバル人材育成

E58699E79C9F_convert_20111030162136.jpg

若手の海外派遣「義務化」 グローバル人材育成

こんな記事を見つけました。

国内の大手企業に、若手社員を積極的に海外に派遣する動きが広がっている。三菱商事や伊藤忠商事など大手商社が、入社2~8年目までの全社員に海外での語学や実務研修を義務づける制度をスタート。トヨタ自動車は今年度から、採用内定の段階から海外体験を促す留学支援制度を導入した。背景には、ビジネスの主戦場が先進国から新興国にシフトした市場の変化に人材育成が追いついていないことへの危機感があり、各社は入社後の早い段階から異文化や商習慣の違いを経験できる環境を提供し、グローバル人材の育成を急ぐ。

 だが海外駐在が当たり前の大手商社でさえ、最近の若者の内向き志向の影響は深刻な様子。「新興国にいきたがらない若手社員もいて、改めて鍛え直す必要がある」のだという。

だそうです。今更ていう感がありますが、どこも考えていることは同じようです。というか日本の市場を考えればもう当たり前で、むしろおそすぎです。インドではとっくに韓国製品に完全にシェアを取られてます。
電気屋にいってもあるのは韓国のサムソンかLG、若い人が持つ携帯もサムソンだし、家電のコマーシャルもほとんど韓国。

そもそも派遣される社員にしても会社になんとかして貰おうって時点ですでに弱いです。こんな人材を連れてきたところで、どれだけの人間が結果を出して活躍できるかとても疑問。

海外で働きたいと思ってからずっと独学で英語を勉強してきたし、そのために仕事を辞めて留学もして、日本に帰ってからも英語の勉強を続けてやっと海外で仕事ができる環境まできました。会社にいわれたから来たなんて人をみると帰れよって言いたくなります。

さらにネットで調べていると日系駐在員の市場価値も相当低いらしいです。一緒に仕事をしたことがあるわけではないので知りませんが。

英語力
外資系で働けるレベルのグルーバル英語が使える駐在は一割以下。会社の看板なしに聞いてもらえるレベルではありません。

コネ
英語もろくに出来るわけではないので、たいしたコネはありません。せいぜい同じ日系駐在仲間のサークル程度のコネしかないでしょう。

経験、技術
自社を離れても評価されるレベルの駐在員も1割以下です。採用などの人事機能も専門の人間に丸投げしているので、ほとんど理解していません。

日本では昇進雇用が一般的だったので、世間が狭いおじさんがいっぱいです。いろんな意味で世間知らずで、世の中の荒波をしらない人たちです。

ということが書かれていました。
実際にみたことはないですが、日本で働いたことがあればこれが正しいだろうとは簡単に想像できます。こんなんばかりだと、どこかの大企業みたいにアジアの留学生の採用枠が半数を超えるという結果になります。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。