スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドに来てから初給料

051511ec_convert_20101125222306.jpg

今日はインドに来てから初の給料日です。金額は50000ルピー、税金や保険やらで引かれて45000ルピー。これを日本円にするとだいたい90000円前後。

ちなみに1ヶ月間インドで暮らして使ったお金は15000ルピーだけ。自炊はまったくしないので毎日外で食べて、週末も1回か2回は同僚とお酒を飲みにいくし、2回観光へ市街地まで遊びに行きました。つまり、15000ルピーはあればそこそこ贅沢した暮らしができます。

なのでがんばって貯金すれば日本円で月に6万くらいは貯金していくことができます。
ですが、インドは日本と違ってもの凄いいきおいでインフレが起きているのでお金は使ったほうがいいよと言われています。半年前からいる同僚によると、500mlの缶ビールが50ルピーから60ルピーにあがったそうです。また、レストランにしても屋台だと一食60ルピーで食べることができますが、200、300くらい出さないと食べれないようなグレードのレストランが増えてます。

日本でも昔はそうだったと思いますが、高度成長時代に貯金をしようという考えはあまりないです。自然に給料はあがっていくし、物の価値が上昇していくので、通貨の価値が下がっていくからです。頭が貯金しようと転換するのは日本みたいに低成長時代に入ってから。

なんでお金は貯めることなくがんがん使っていきます。
日本に帰ったら20代後半で貯金なしだけど、まあ仕事の実力があればなんとかなるかな、という安易な考えです。
食べ物と酒は十分満たしているので、あと30000ルピーは使うとしたら旅行くらい。聞いた話によると中東のドバイに行くのもそんなに高くないらしいです。

若いうちはせこせこ貯金するよりも、できるかぎり色んな場所へ行き色んな世界を体験する、自己投資だったり目に見えないものにお金を使っていきます。
リストラや定年後のことなどなにかったら大変だからといって、若いうちから必死にお金を貯めようとする人がいますが、そんな人生は楽しくない。金がなくて不安になるのは自分の力に自信がないから、景気に関係なく金がなくてもいつでも食って行けるだけの力をつけることができれば、そんなことをする必要はないはず。
将来のためにリスクを取って行動できるのは若いうちだけです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

今月の給料

8d707e74_convert_20101209115949.jpg

会社を辞めるので今月がまともに貰える最後の給料でした。
今月の手取りは220,884円でした。

毎日朝から終電間際まで働いてたったこれだけ、給料明細をもらって喜ぶはずが一気に疲れてしまいました。しかも同じプロジェクトの他の会社の人たちはみんな残業代を貰ってます。
バイト並の給料でほんとよく働いているなと思います、今月までだからいいけどこれが続くなら絶対に我慢できないです。

今の出向先の会社さんにはほんとお世話になっているのでとくに不満はないですが、自分の会社にはほんと情けないです。社員のモチベーションというかクオリティが低すぎです。
ただなんとなく会社にいる人の集まりです。

100人もいないような規模の会社なのに、残業代がなくなるといわれて誰も文句をいわないし、自分の会社がいくら売り上げをあげているかも気にしない、安い給料で好きでもないところに出向させられてるし、見ていてほんとかわいそうです。
それが嫌でもそれしか選択肢がないから毎日会社にいく、不満が溜まりたまったら最終的に会社を辞めるだけ。

IT業界で規模の小さい会社で働きたがる人は向上心が強いのかと、学生の頃は思っていましたが現実はそうではなかったです。こういうところで働く人の多くは、学生の頃受験勉強かスポーツで1度も努力したことがなく、目標や目的がない人たちがなんとなくで集まる場所なんだなーと思うようになりました。
最初から仕事に成果を出すという気力も無く、大企業にはいろうと勉強して良い大学にいこうとするわけでもない中途半端な人たち。ビジネスマンという意識はなくただの労働者。

この会社には辞める前提で入ったので最初からなにも期待していませんでしたが、せめて出向させてそれで稼いでる人には残業代はしっかり払ってほしかったです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

今月の手取り給料 22万円

singaporl.jpg

現在の会社に入って6度目の今月の手取り給料は、223,500円でした。
今月といっても給与体制が残業代込みで支払われるようになったので、昇給しないかぎり毎月ずっとこの給料です。

残業しなければそこそこ満足できる額ですが、実際には月に250時間は働いているので良いとはいえません。
もっと毎月の支出を減らせないのかと考えていますがかなり難しそうです。

家賃 :60,000
携帯 :15,000
(2台)
保険 :12,000
電車代:13,000
英会話: 5,000
通信費: 5,000
生活費:50,000

合計で月に16万円使っていることになります、なので月に貯まる金は6万円ちょっとだけ。
昔よりだいぶ節約するようになって、朝晩は家で食べる、昼はすき家の牛丼、酒を飲みに行くときは近所の安い店だけ、本屋で買っていた新品の本も今はブックオフで100円の本だけ。

それでもこれだけしか貯まりません。
実家が関東にあればいいのになと思いますがそんなことを言っていてもしょうがありません。今の会社にはあと1年はいるのでしばらくはずっとこの生活。

もっとお金を貯められるようになるには、収入をあげるしかありません。
会社にいても給料がげっき的に上がるという事はまずありえない、1年働いたとしても少し上がるだけでしょう。

この環境をかえるためには、やはり英語を勉強をし続けるしかないなと思います。
IT業界で知識が深く経験が長い人は山のようにいます、同じように働いていてもそれ以上の上にはいけないのは目に見えています。

そこから一歩上へ行くためにはITの業務経験+英語力しかないなと思います。
そしてさらに上へ行くためには、それ+マネージメント力。

そこまでいけるようになればやっと目標の年収も見えてくるかもしれません。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

5度目の給料、今月の手取り月収

ab_convert_20101226145016.jpg

現在の会社で5度目の給料を貰いました。
今月は223,569円でした。

給与制度が変わって一回目の給料になります。
先月は残業代を入れて30万貰いましたが、今月からみなし残業として残業代も含めて払われるようになったのでこの先ずっとこの金額です。
月に150時間働こうが、250時間働こうが給料が変わらない事になります。

これを少ないと思うか多いと思うかは人それぞれですが、わたしには少なすぎです。
しかし今の自分にはこれより稼ぐ能力もないので、自分の適正な現在値です。

よくお金の話をすると人は、世の中お金じゃないとか、お金よりも大事な物があるという人がいますが、わたしはそういう現実を見ようとしない考え方は嫌いです。

お金がなくてもいいという人は、苦労したことがない、お金に困った事がないか、もしくは目標ややりたいことがない人だと思っています。

もちろんお金がなくても人生を楽しく生きる方法はいくらでもあります。
わたしは発展途上国の貧乏な国にすこしですが住んでいたので、金がなくても幸せに生きる人たちを知っています。

しかしお金の話をしていると必ず感じる違和感があります。
お金がなくても友達や家族がいればいいとか、お金よりも大事なものがあるという言い方をする人がいます。

お金がなくていいという人の考えの中に、多すぎるお金をもつことは悪という考え方が無意識にあって、お金がなくてもいいという言い方をしますが、それはお金があるなしにまったく関係ないことで、お金がなくても・・と比較対象にすることすら間違っています。
例えばお金があってもなくても友達や家族は作れるし、お金があってもなくても大事な物は変わらずあります。

わたしには将来やりたいことがたくさんあります。
そのためにはお金が必要です、そのお金を稼ぐ為に人よりも日々努力をしています。

たまにお金より大事な物があるよと人から言われますが、そんなことは言われるまでもなく十分知っています。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

4度目の給料、手取り月収302,946万円

__-1_convert_20101115225749.jpg

現在の会社で4度目の給料を貰いました。
先月の手取り月収は19万でしたが、今月は302,946円でした。

10万ほど増えましたが昇給や出世したわけではありません、単純に残業代が10万円だっただけです。
先月はほんとに忙しかったです。

家に着くのは夜の11時か12時、休日も何度か出勤しました。
なのでこれらの時間を犠牲にして10万円を得たことになります。

前社も含めて、今まで手取りで30万を超えたことはないので、給料明細書を貰い思わず喜んでしまいました。
しかしこれはよくない考え方です。

わたしの目標は仕事を効率良く行い、定時に帰ることを目標にしています。
定時に帰りたい理由は、やらなければならないことがたくさんあるからです。
英語を勉強したり、副業をするためです。

これらを犠牲にして10万円の残業代を貰い喜んだということは、わたしが家に帰ってしていることが、たかが1時間1500円の残業よりも価値が低いことになります。

目の前の残業代に目が眩んでしまうと、長い目でみたときに必ず後悔することになります。

その理由は、
効率的に仕事をして時間内に仕事を終えるという意識がなくなる
エンジニアの価値が下がり続け、残業代が出なくなるかもしれない
1番大事な自己啓発をする時間が持てない
などです。

わたしの目標は脱サラなので、会社の給料に頼らない生き方をしなければならない。
そのためには定時に帰らないければならないと思っています。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。