スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論文練習_少子化問題について編

転職活動の書類選考にあたって、小論文を書かせる企業が多数あります。
希望企業から内定を得るため、レベルの高い仕事をする為にも小論文(文章力)は欠かせません。

■少子化問題について
 少子化問題は日本が抱える重大な社会問題の一つである。なぜなら、人口の減少は年金問題、税金の高騰、また経済縮小など様々な問題を引き起こすからだ。少子化の原因に挙げられるのが、女性の出産後の社会復帰の仕組みが創られていないからではないであろうか。現在、女性の社会進出はどうしても欠かせないものであり、それを支える為にもこの課題を解決しなければならないと思う。この問題を解決するためには、結婚後や出産後の女性の社会復帰の仕組みを、企業側だけではなく国家が中心になって取り組んでいく必要があるだろう。

 表面上は男女平等をあげられているが、実際に企業ではまだまだ浸透していないなと思う時が多々ある。以前私が中小企業に勤めていた頃、同期の女性がこの社会復帰の事でよく悩みを漏らしていた。私達の会社では出産後に、社会復帰できるかどうかは定かではない、出産後も働けるかどうかという事に不安を持っていた。比較的、経営が安定している大企業であれば出産中も補助したり社会復帰できる環境を創る事は容易ではないかと思う。しかし、大半の社員は中小企業に属している。とくに今のような世界的不景気の中で、会社存続の為に利益をあげなければならない中小企業にとって、この仕組みを作ることは私のいた企業も含め容易ではないだろう。そのためにも、企業だけではなく国が積極的に取り組んでいかなければならない問題である。

 人口の減少は、国家の衰退に繋がる。また、この少子化問題が更に深刻化すれば、近い将来若者一人で高齢者二人を支える時代がくるだろう。我々の税金は更に高騰し、日本市場も縮小し、若者や中年世代にとって生活しづらい社会になってしまう。

 この問題を確実に解決するためにも、結婚や出産後も女性が働ける環境造りが欠かせない。具体的には、出産中の女性の給与の支給、十分な育児休暇を企業ではなく国が保証すること。国家は税金を使ってでも、女性が社会復帰できる制度を創る必要がある。これは女性だけの問題ではなく、男性も含め社会全体の問題である。

文字数:845

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。