スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィジー留学生活_ナナヌイラ島

 
 週末にナナヌイラ島というところに行ってきました。フィジーのビチレブ島北部のラキラキの町の更に北に位置する島です。田舎町の近くに位置しているため観光客は少なく、また宿泊代も他のリゾートに比べると比較的安く、ここは穴場といえるでしょう。語学学校で仲良くなった5人で行ってきました。

 ラキラキから小船で向かいました。10分程度で着きます。
P1040620_convert_20100701183406.jpg

 泊まったコテージです。ラキラキにあるスーパーで食材を買い込み、夜は外でバーベキューをしました。 
P1040624_convert_20100701183533.jpg

 海は、ビーチコンバーやヤサワ諸島に比べると透明度は負けるが、人は比較的少なく静かな場所でした。島はあまり開拓されておらず、道は少ないのであまり自由に歩き回れません。
P1040634_convert_20100701183426.jpg

 ラウトカからラキラキまでバスで2時間ほどのり、港からナナヌイラ島に向かいました。海で遊んだあとにバーベキューの準備をしコテージの前の外で食事をします。ここでももてなし精神の強いフィジー人が火の用意から、肉を焼くまでをしてくれました。そこまで気を使わなくていいと思うくらいのもてなし精神です。
 
 実はこの日の夜から、タイフーンがフィジーにくるという予報がありました。今週末はどこにも行かない方がよいといわれましたが、友人の一人が来週に日本に帰るので、彼女の最後の旅行のために無理にきました。そしたら案の定、夜から大雨が降り始めました。もし、タイフーンが来ると船が小船であるために、本島に帰ることはできない。食料は、当日の夜と翌日の朝までしかない状態。ちょっとスリリングな夜でした。

 翌日には一時期だけど雨がおさまり、コテージの管理人に「帰るなら今のうちだよ、今帰らないならもう一泊代払ってもらうよ」といわれ、あたふたと帰る準備をはじめることに。
 無事にラキラキまで帰ることができたが、翌日と翌々日は学校がやすみになった。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。