スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で働きたい

新しい職場に変わり一ヶ月近くが経ち、仕事にもだいぶ慣れてきた今日この頃です。

仕事もこなせるようになり周りの社員の方たちからも、ある程度信頼を得るようになり順調です。
しかしいくら仕事に慣れても”海外で働きたい”という気持ちは頭から離れません。

楽天やサイバーエージェントをはじめ、ベンチャー企業の社内英語化やアジア進出のニュースを見るたびに私は焦りを覚えます。

しかし、今はわたしはまだまだ経験が浅く技術職の下積みの段階なので動くことができません。
これらのニュースを聞くと、急がなくては!と思ってしまいあせるばかりです。

しかしながらこの下積みというのもこれからの高キャリアを目指す上で英語以上に欠かせないものです。

それだけに毎日必死で仕事をしています。
また遅く帰った後もオンライン英会話を欠かさず行っています。

ではどうして海外で働きたいかというと、もちろん自分のキャリアアップのためです。
日本にいて日本語ができるプログラマーはたくさんいます。単価の安い優秀なアジアエンジニアがいるため、現在はかなり給料が安いですが。

大企業出身で開発はできないが管理職ができる人はいっぱいいます。上記のプログラマーよりは少ないですが、彼らの場合給料はよく、マネージメントや管理ができますが開発現場はまったく無知です。
マネージメントというよりも労働集約型で、他社から人を集めることが仕事になっているようにも見えますが。

こういうエンジニアが日本にはたくさんいます。
わたしはこの開発力・マネージメント力、両方を得るようになりたいと思っています。
そのため、若いうちに開発の現場にたち、その次にマネージメントを学ぶつもりです。

しかし、それだけではまだまだ足りなくて、さらに上に行くためには英語が必要です。
私が海外で働きたい理由は、アジアで優秀なエンジニアから開発を学び彼らの手法を取り入れること、そして英語を学ぶことです。
マネージメントは何歳からでもできるけど、開発現場と英語は若いうちに経験しなければならないことです。

そして今はそのための下積み時代です。

 

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。