スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USEN宇野康秀の挑戦! カリスマはいらない。



<著書紹介>
いま一番注目される経営者、USEN社長の宇野康秀が、学生時代からライブドアへの出資までを初めて語った!自分にカリスマ性がないとコンプレックスを持っていた宇野は、「カリスマ性だけが成功するスタイルではない」と、独自のチーム経営を実践。インテリジェンスの設立、光ファイバーサービスの参入、無料ブロードバンド放送「GyaO」の躍進など、次々と成功させてきた。本書では、宇野康秀本人はもちろん、役員、友人などへの徹底した取材をもとに、ジャーナリストが宇野康秀の経営術と素顔に迫る。

最近はこの世代の経営者の本をよく読みます。
そうすると決まって出てくる経営者の名前があります。

ソフトバンクの孫正義、楽天の三木谷、ライブドアの堀江貴文、そしてサイバーエージェントの藤田晋などなど。
そして今回はUSENの宇野康秀の本を読みました。

彼らの本を読んでいると自分も経営をしてみたいという強い衝動にかられます。
また、今の会社でただ言われた事をこなしている自分が、いかにつまらない仕事をしているかという事をしみじみと感じます。

この本の内容に宇野氏の若者への出資話がありました。
宇野氏が出資するのは
”本当に真剣なのかどうか。会社が大変なときに寝ないで働けるか。うまくいったからといってお金を持って六本木で働くやつかどうか。どこを目指しているのかという思想が大事。”
事業に掛けるまっすぐな情熱を応援するそうです。

逆にいうとこのまっすぐな情熱がなければ経営することは難しいという事ですかね。
たとえば、社会貢献がしたいや、新しい価値を生み出したいなど。

今のわたしにはそういう思想はまったくないです。
チームや社会を尊重するよりも自己中心的な考えを持つわたしにとって、社会貢献はキライな言葉です。

単に経営をしてみたい、そして将来はお金に困らない自由な生活を送りたい、そのためにお金を稼ぎたいと思っている私には経営者には向いていないのかもとおもってしまいました。

逆にかれらの、どこまで事業を大きくしたいのか、なんのためにしているのか、どうしてそうしたいのか、そういう根本的なことが知りたくなりました。

この人たちは仕事に明け暮れ、時代の最先端を走り日本中に知られるような有名企業になりましたが、最終的にはなにを目指しているんでしょうか。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。