スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定時に帰ろうとしないサラリーマン

___convert_20101101211149.jpg

なざかこの業界で働いていると、定時になっても帰らない人がいっぱいます。
多くの人は仕事の効率よりも働いた時間に、重点をおきます。

ビジネスマンを目指すなら、仕事は決められた時間内でどれだけ効率よくできるかを目指すべきです。
IT業界にいると、この時間を意識して働く人が、いかに少ないかという事に驚きます。

中にはほんとに仕事が終わらなくて帰れない人もいますが、たいした仕事をしていないのに帰らない人さえいるから不思議です。
こういう人はほんとに時間に対する意識が低い、さらに仕事もできないです。
くだらない無駄話は多いし、人に教えるのも段取りが悪くてイライラします。

日本企業には不思議と、定時で帰ろうとするよりも終電まで働き続ける人が仕事ができるというイメージが強いです。
結果よりも、いくらがんばったかという過程を大事にするという考えが強いからでしょうか。
わたしが現在いるチームのリーダも異常なほど働く人です。
終電以降も働くし、徹夜することもあります。

この人は仕事もはやいし、聞けば親切に教えてくれますが、仕事を終わらせて早く帰りたいわたしにとっては迷惑な存在です。
はっきりいって長時間働きたがる人たちは自己満足の世界です。
家に帰らないほど働くほど、自分は仕事ができる、すごいと思い込みます。

しかしそのことで仕事の効率が悪くなっている事にきづいていません。
徹夜することによって、集中力もおちているし、昼休み以外で寝ている事もしょっちゅうあります。
さらには今日は体調不良で休みました。

自己管理も仕事のうちです。
万全の状態で決められた時間以内で仕事をするのが、ほんとに仕事ができる人です。

彼はさらにチームリーダなので、全員が時間通りに仕事ができるように、チームのしっかりしたスケジュールを作る必要があります。

彼がやらなければならないことは、自分が必死になって仕事をこなすのではなく、まわりが効率よくスケジュールどおり働けることを考えなければなりません。
その状態で休むならいいですが、スケジュールもないまま休まれてちょっとむかついてしまいました。
しかも、自分は死ぬほど働いているから、今日くらい休んでもしょうがないという考えが彼には絶対あるはずです。

スケジュールを決めなければ、だれかが休んだらそのぶんの仕事もできる人がやらされる、仕事が遅い人の分の仕事も任される、自分と他人の仕事の境界線がなくなります。
そこで仕事は助け合いという、へんな連帯感が生まれ、実際に仕事が無い人でも自分だけ帰るわけにはいかないと思い、帰らなくなるという悪循環にもなります。

さらにこれで残業代がでるから不思議です。
この人たちはもし、残業代がでなくても同じように働こうとするでしょうか。
もし残業代がでなければ、いかに短い時間で働くかに力を入れるはずです。

ある人の言葉に”仕事は段取りで8割決まる”ということを聞きました。
これが本当なら、チームをまとめる人のスケジュール作りに仕事がかかっているということになります。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。