スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合同説明会なんかに行くアホに内定なんか出るかいな

a_convert_20101204202916.jpg

こんな記事を見つけました。


<合同説明会なんかに行くアホに内定なんか出るかいな>

超がつかない氷河期組で、いまは採用側だが、言えるのは、
景気に関わらず内定もらえるやつは貰えるし、落ちる奴は落ちる。
という事実だけ。

内定5割台ということは、単純に上半分に入るだけで内定貰えるということ。
何を焦る必要があるのかと。

中でも始末に終えないのが、「どこでもいいから」というパターン。
あんた、「だれでもいいから付き合ってほしい」って告白されて、
付き合えるか?

ってか、そんな事言うイケメン、イケ女いないって。
その最たるものが、合同説明会というやつ。
これ、合同お見合いと一緒だよ。

採用しようと思ってる企業は、募集しているってアピールしてるだけで、こんな美女いますよってパンフレットに載ってるサクラですから。
(実際には、リクルーターとか、中途だとエージェント通して採用するものですから。)

でもって、会場ではカロリーメ●トとか、いろいろ試供品配ってるでしょ。
あと、アンケートも欠かさずに。
マーケティングのカモにされてるだけなのよ。

こんなのに群がって、まともな会社の内定とった奴がどれほど居るのかと。
きちんと、必要なタイミングで自己分析して、戦略を練り、

業界研究じて、OB訪問したりして、自分なりに考えて行動して、
やることやってれば、よほど適性がかけてない限り、

企業側からぜひウチに入ってくださいって頭下げるわ。
んでもって、学歴で選別してるわけじゃないけど、

ふた開けてみると、そういう結果になってることが殆ど。
然るべき人間は然るべき学校に行くのが自然なのよね。

3流の学校なのに1流の会社に入りたいって言うのは
虫が良すぎる。

可能性としてはあるけど、
不細工男が芸能人顔負けの美女と付き合いたい

というぐらいの実現性だということを理解しないと先はないと思う。


という記事を読みました。
かなり口が悪くて厳しい意見ですが、本質を突いているだけについついこの記事を拾ってしまいました。
たしかに就活がうまくいかないと、どこでもいいからという言い方になりますが、そんなことをいう人を企業側はほしくないですね。

面接に行って落とされて、就活に関するネガティブなニュースを毎回見さられたら落ち込むのはわかりますが、就職活動で面接で落とされるのは何も特別なことではないはずです。

今の学生が可哀相なのって内定率が低いことではなく、大学中に内定を取れなかったらまるで人生の終わりのように考えているってことですよね。
それは大学生だけではなく、学校の先生や親など社会全体を含めて。

しかし実際は大学を出てすぐに働けなくても、人生が終わるわけでもないし、サラリーマンにならなくても色んな生き方があります。

内定率を上げることばかり考えないで、すぐに就職できなくても再チャレンジの場を作るとか、新しいことに挑戦しやすい社会を創っていってほしいです。

もちろんそれは新卒の就職活動以外でも言いたい。
会社を首になったり働いていないと、社会から冷たい目で見られますが、長い人生働かない期間があってもいい、もっと肩の力を抜いて生きられるような社会になってほしいです。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。