スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生に戻りたいと思うとき

ddd_convert_20101224101410.jpg

郊外にある大企業の大きな事業所で現在仕事をしています。
IT業界も製造業のひとつなので、工場で働く人たちのように一ヵ所に多くの会社の人が集められて仕事をします。

この建物を所有している自社の社員はほとんどいなくて、働く人の多くは請負や派遣で出向して働いている人ばかりです。
薄暗い部屋がいくつもありそこにパソコンと机がびっしりと置かれて、よくわからない人たちに囲まれながらひたすらパソコンと向かい合って仕事をします。

ここにいるとどうして自分はここにいるんだろうと思う。
大学は田舎でしたが国立大学だったので友達の多くは、ある程度名前の知られている会社や大企業に就職する人が多くいました。

大企業に入って社会の歯車になるより規模の大きくない会社に入ってやりがいのある仕事をしたいと思っていたにも関わらず、現在は大企業の社員でもなく歯車の1つのように安い給料で働いています。

大学の頃は今のように本を読む事もなく、ほとんどの中小企業は大企業の下でしか働けないということすら知りませんでした。

もし過去に戻れることができるなら間違いなく大学生に戻りたいです。
社会に出る前から世の中の事をもっと知り、自分が本当にやりたいことを探すべきだったといつも思います。

たとえば英語を勉強して留学するとか、1年大学を休学して世界を旅するとか、卒業したらすぐ就職せずワーキングホリディにいき海外で仕事を探すとか。
田舎の大学で外の世界を知らず、仲間とただ酒ばかり飲んでいた自分が恥ずかしいです。

大学生ならできたことでも、今では同じようにできないことが驚くほどたくさんあります。
できることなら今すぐにでも海外に行きたいし、ほんとに自分がやりたいと思える仕事を見つける時間もほしい。

現実には今仕事を辞めたら生きてはいけないし、転職するにしても今の会社に入ったばかりなので将来を考えれば今仕事を辞める事はリスクにしかなりません。
若くて転職歴が多い人はただの辛抱のない人にしか思われないからです。

フィジーで出会った大学生の子達とたまに連絡をしますが、彼女らはちょうど今就職活動をしている時期です。
自由な時間があって、自分のやりたいことを探せりことがとてもうらやましく思います。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。