スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で働くことが決まりました

P2150345_convert_20100808172312.jpg

昨日は会社を休んで静岡まで面接をしに行き、その場で内定をもらい現地採用でインドで働く事が決まりました。
すでに一次面接で代表と話しをしていたので、海外で働くという覚悟をしっかりと示せれば内定は貰えると思っていました。

転職活動をはじめてわずか2週間で決まりました。海外でエンジニアとして働くという目標の一つがこれで実現したことになります。

ここまで来るのにかなり時間がかかったなという印象です。
新卒で入った会社で1年目から、ここにいては自分が望む以上には成長できないと思い海外で働きたいと思うようになりました。
そこから英語を勉強し始めて、一社目の会社を1年8ヵ月で退社し海外留学、帰国後は外資か海外に進出する日本企業に入りたかったが、思い通りの転職ができずに今の会社に入社して8ヵ月。
帰国後もあきらめずに英語を毎日勉強しておいてほんとによかったなと思います。

転職活動で面接をしていくつか思った事があります。
「どうして海外で働きたいの?」って聞かれたときの理由が弱いなと感じました。

漠然と海外で働きたいと思っているけど、その理由が外資などの案件で年収1000万円を越える案件のほとんどが、「ビジネス英語3年以上」と「リーダーもしくはプロジェクトマネージャー経験あり」という条件です。

この仕事に飛びつく為には、ビジネスが英語圏で国で仕事をすることと、日本人がチームリーダーとして需要が高いアジアでブリッジSEになることが近道だと思い海外勤務を目指しています。

だからといって面接時に、市場価値を高めて転職活動をするために海外に行きたいといえるわけがないので、自然と海外で働きたい理由を問われたときに動機が弱くなってしまいます。

さらに面接では定年まで勤めることを前提に、これから先会社のためになにができるのか?これも苦手な質問の1つです。
会社のために貢献したいというよりも自分が成長したい、そのための手段の一つがこの会社で働く事であって、べつに会社に貢献したいわけではないということ。

中国の留学生はせっかく育てたのに3年も経たないうちに辞める人が多くて困るという経営者がいるが、自分もこの中国人の感覚に近いんだなと感じます。
会社は仕事の経験や対価を得るための手段であって、それ以上でもそれ以下でもないとうこと。
日本人の考えの多くは、人生の大半を占め会社は家族の一部であるという考えが主流ですが、私にはそういう考えは一切ないです。

しかしながら日本の企業である程度出世して成功している人のほとんどが、自分の軸をしっかり持っている人が多いですが、自分にはまったくないなと少し不安になります。

とりあえず転職活動は昨日で終了しました、今の会社は6月末で辞められるよう手続きをはじます。
海外勤務まであと三ヶ月あります、それまでにどうして海外で働きたいのか、そこから自分はどうしたいのかをもう一度じっくり考えてみようと思います。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。