スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語力が条件の求人 前年の2.4倍に

a_convert_20101114103319.jpg

こんな記事を見つけました。
英語力が条件の求人 前年の2.4倍に

 日本の転職市場では、一定以上の英語力を条件にした求人の数が前年の2.4倍に拡大し、全求人に占める割合も20%に達している。企業が求める人材の実に5人に1人は英語力が前提になっているようだ。転職支援サービスのリクルートエージェントが調査結果をまとめた。

 同社が扱う求人から、英語力「ビジネス初級レベル以上」を応募条件としている案件を抽出、集計したところ、2010年7月時点で4079件に達し、前年同月の1298件から大幅に増えた。過去1年間を振り返っても英語力が前提の求人は件数、比重とも一貫して増加傾向にある。

パソコンのワードやエクセルが使えて当たり前になったように、英語も使えて当たり前となる時代が近い将来必ずきます。ニュースを見ればわかるように楽天やユニクロのように先端を走る企業は、英語ができることを義務付けるようになりました。

世界で勝負する企業なら、これは当然の流れだと思います。というか他の企業はどうしてこうならないのか不思議です。入社した企業はインドや中国に開発拠点があり、他の中小企業よりもグローバルな企業ですが、それでも対した英語の教育はされていないです。少し前は英語の講師を呼んでいたそうですが、現在は石川遼が宣伝するCDを置いているだけ。

そのかわりインド人や中国人は日本語の講師を呼び、日本語の勉強をさせています。どうして日本人にも強制的に英語を勉強させないのだろうか。

仕事が忙しいというのは理由にならないと思います。仕事が忙しい中でも英語を着実にレベルアップさせている人には高い評価を与えるなど、上達できる仕組みをつくるべきです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。