スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社は2年で辞めていい

ccc.jpg

「会社は2年で辞めていい」


山崎さんの本をひさしぶりに読みました。
昔ながらの古くさい考えを持つ40代や50代のサラリーマンとは対照的な、この人の冷静で合理的な考え方はとても好きです。

「会社はお金を稼ぐための場所であってそれ以上でもそれ以下でもない。」当たり前のことなんだけども、日本企業で働く多くの人には、こういう風に会社をとらえることができる人はとても少ないです。どれだけ年功序列や終身雇用が薄れようが、根っこの方ではどこまでも会社に頼ることしか頭にない人がたくさんいます。

私がこの作者の本に最初に出会ったのは、留学をして日本に戻り、転職活動をしていたときです。転職活動をする以外では当然ながら時間がたくさんあったので、本を毎日のように読んでいたときです。
そのときに買った本が山崎さんの「ぼくはこうして11回転職に成功した」

大学を卒業後に勤めた会社を1年8ヶ月で辞めた自分にとって、頭の中にはいつも葛藤がありました。本当に辞めてよかったのか、辞めなくてもほかに方法があったんじゃないかとか。そんなわだかまりもこの人の本を読んでそれが少し楽になった気がします。「自分のビジョンがはっきりしていれば、会社は何回だって辞めていい。3年も会社にいる必要はない。」

大学を卒業してから3年と少しが経ち、現在、25歳ですでに3社目の会社に属しています。無駄に転職歴が増えていますが、目標を持ち始めてからは、自分のやりたいことへは確実に前進しています。会社というのは、自分がやりたいことを実現させることができる場だし、生きていく上でお金を稼ぐ場所であってそれ以上でも、それ以下でもないです。そう思えば、やりたくないことや納得できないことにいつまでも我慢して、会社に居続けなければいけないというのはとてもナンセンスです。
辞めればいいというわけではいが、自分のプランは常に準備しておくべきです。

若いうちに辛いことを色々と経験したおかげで、その分同世代よりも視野はだいぶ広まったと思います。自分が何をやりたいのかとか、どういう人生を進みたいとか、若いうちから考えることはとても大切なことです。
それができないから今の時代、契約社員とか派遣社員みたいに、簡単に使い捨てにされるビジネスが平気で存在してしまうんだと思います。

そして、自分のプランを明確に考えることをしないまま20代を超えてしまうと、今の日本企業にいる多くのサラリーマンみたいにつまらない一生を送ることになると思います。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。