スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高い離職率

10721557_convert_20101211011344.jpg

インド人スタッフの離職率をネットなどで調べてみると、やはり離職率は相当高いようです。日本企業になじみのある「終身雇用」や「年功序列」というのはとくに合わないようです。というかこの制度はどこの国にも通用しないと思うけど。
なかには高い離職率が原因で撤退していった企業も数多くあるとか。

ただでさえ他の国よりも離職率が高いことで知られていますが、「長年勤務していも正当に評価されるとは限らないリスク」を抱えながら労働し続けることは、経済合理性を重視するインド人にはまったく向いていない。自発的に行動できる社員、優秀な社員がやめてしまいます。

ということが書かれていました。
外から見ると日本の評価システムが、いかに優秀な人材を雇うのに適していないかがわかります。優秀な人材は万国共通です。

バブルが崩壊して何年も経ちますが、いまだに大企業では「年功序列」が根強く残るし、中小企業になると社長のさじ加減で給料がかわるとか。こんないい加減なやり方でも社員がなかなかやめないのは日本人だけ。インド人は露骨にやめます。

日本でも勢いのあるベンチャーなんかは正当に社員を評価しようとユニークな評価制度を取り入れています。たとえば、社員をチームメンバー全員で360度評価するとか、仕事やプログラミングのスキルをポイント化し、それをそのまま給与に反映するとか。

企業に取って大事なのは自発的に行動できる優秀な社員にいかに会社にいてもらうかです。大量に生産して物を売るだけの時代はよくても、今の時代にこんな平たい評価制度をいつまでもしているようでは、駄目な社員しか残らなくなるのは日本も同じ。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。