スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人エンジニアの給料

g_convert_20101209163954.jpg

先週末に会社を去るインド人と飲みに行きいろんなことを聞きました。
辞めて行く理由や不満だけではなく、彼の給料まで。こういう機会じゃないと知ることはできないので。

まずびっくりしたのが彼らの給料の昇給率の高さ。インドは高度経済成長のまっただ中でインフレなので高いとは思ってましたが予想以上です。

彼が5年前に会社に勤め始めたときの給料は1万5000ルピー。
現在のインドのエンジニアの初任給の平均は2万ルピー前後なので、5年前と考えたらそんなに悪くない数字。そして現在彼が辞めるときには6万ルピーだそうです。ということはわずか5年で4倍も上昇しています。
他の会社と比べてもだいたいそのくらいはどこも貰ってるそうです。
なので給与はそんなに悪くはないので不満があるのは、長時間労働とあいまいな評価制度のせい。

市場が減少している日本と比べてもしょうがないけど、新卒が20万で働き始めたら、5年後には月収が80万。前勤めいた会社の昇給額なんてとても恥ずかしくて言えません。団塊世代じゃないんで知らないですが、日本も昔はそうだったのかな。

いくらインフレとはいえ経営者からみたらとても怖いです。
これがインドの経済成長に合わせてインドから仕事を取ってきて会社が成長しているならともかく、うちの会社はいまのところ日本からの案件がほとんどです。日本の仕事がげっき的に増えるのであれば問題ないけど、当然そんなことはありえません。

そうなると当然ながら、これからこのインド人たちのばか高い離職率を減らして会社を成長させていくためには、日本からの仕事だけではなくインドから仕事を取らないといけないですね。
というか黙ってても日本から仕事がくるからって怠けてないで、それくらい考えて仕事しろよってこのインド人スタッフたちにいいたい…

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。