スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルネッサンス再生への道



今日はカフェに行ってカルロスゴーンの「ルネッサンス 再生への挑戦」という本を読んできました。知らない人はいないと思いますが、瀕死の状態だった日産を3310億円(過去最高)の黒字へと導いたフランス国籍をもつ
経営者です。ちまにみ上場企業経営者の役員報酬額で9億8200万円と一位に位置してます。
ひさしぶりに読んだ経営の本ですが、共感ができるところが多くてとても面白かったです。これから自分が進みたい道の道しるべを示してくれているような感じがした。

とくに興味深かったのは彼が、現場を重視しているということ。ミシュランという欧州のフランス企業に研究職としてオファーを貰っているにも関わらず、あえて開発部門の現場をビジネスの出発点として選びます。その理由に、製造部門こそ現場からトップマネジメントまでの会社全体の仕事や問題を発見するのにうってつけの場所だと考えていたらから。
30歳という若さでミシュランの南米事業を統括するCOOに就任し、ルノー、日産とキャリアを築いていきますが、このときの教訓をへて、彼は自ら現場に出向き直接現場の人の声を聞くようにしているそうです。

わたしも将来はIT業界でマネージャー、経営レベルの仕事がしたいと思っていますが、今はあえてエンジニアをしています。現場を知らないマネージャーにレベルの高い仕事ができるわけがないから。日本にいると技術すらまともに知らないマネージャークラスのエンジニアが多いことに実に驚きます。彼らがしている仕事は、下請けや派遣を従えて、金のやり取りをしているだけ。
日本という閉ざされた空間で仕事しているうちはいいけど、これが他の国のエンジニアと仕事をしようとすると絶対成功しないです。実際に中国のオフィショア開発でも失敗しているという例はたくさん聞きます。

わたしがインドに来た理由もそこにあります。日本だとプログラマーといっても実際にプログラムするよりも、ドキュメントの体裁とか雑務、保守•運用という類いの仕事がおおすぎです。規模の小さい会社だと派遣やら出向で雑務をやらされるリスクが高いし、かといってある程度大手に行ったとしても、現場レベルの仕事をできることはほとんどありません。テスト要因で現場に入って、テストしかしたことがないから開発をさせてもらえないという人もざらにいます。
インドはソフトウェアの開発拠点として位置づけられてるし、英語が普及しているのでグルーバルに活躍することを目標にしている人には日本で働くよりもはるかに適した場所です。

彼の今までのキャリアをみながら、この先マネージャー、経営ができるようになるにはどうすればいいか、というのを考えながら読みました。


スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。