スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手の海外派遣「義務化」 グローバル人材育成

E58699E79C9F_convert_20111030162136.jpg

若手の海外派遣「義務化」 グローバル人材育成

こんな記事を見つけました。

国内の大手企業に、若手社員を積極的に海外に派遣する動きが広がっている。三菱商事や伊藤忠商事など大手商社が、入社2~8年目までの全社員に海外での語学や実務研修を義務づける制度をスタート。トヨタ自動車は今年度から、採用内定の段階から海外体験を促す留学支援制度を導入した。背景には、ビジネスの主戦場が先進国から新興国にシフトした市場の変化に人材育成が追いついていないことへの危機感があり、各社は入社後の早い段階から異文化や商習慣の違いを経験できる環境を提供し、グローバル人材の育成を急ぐ。

 だが海外駐在が当たり前の大手商社でさえ、最近の若者の内向き志向の影響は深刻な様子。「新興国にいきたがらない若手社員もいて、改めて鍛え直す必要がある」のだという。

だそうです。今更ていう感がありますが、どこも考えていることは同じようです。というか日本の市場を考えればもう当たり前で、むしろおそすぎです。インドではとっくに韓国製品に完全にシェアを取られてます。
電気屋にいってもあるのは韓国のサムソンかLG、若い人が持つ携帯もサムソンだし、家電のコマーシャルもほとんど韓国。

そもそも派遣される社員にしても会社になんとかして貰おうって時点ですでに弱いです。こんな人材を連れてきたところで、どれだけの人間が結果を出して活躍できるかとても疑問。

海外で働きたいと思ってからずっと独学で英語を勉強してきたし、そのために仕事を辞めて留学もして、日本に帰ってからも英語の勉強を続けてやっと海外で仕事ができる環境まできました。会社にいわれたから来たなんて人をみると帰れよって言いたくなります。

さらにネットで調べていると日系駐在員の市場価値も相当低いらしいです。一緒に仕事をしたことがあるわけではないので知りませんが。

英語力
外資系で働けるレベルのグルーバル英語が使える駐在は一割以下。会社の看板なしに聞いてもらえるレベルではありません。

コネ
英語もろくに出来るわけではないので、たいしたコネはありません。せいぜい同じ日系駐在仲間のサークル程度のコネしかないでしょう。

経験、技術
自社を離れても評価されるレベルの駐在員も1割以下です。採用などの人事機能も専門の人間に丸投げしているので、ほとんど理解していません。

日本では昇進雇用が一般的だったので、世間が狭いおじさんがいっぱいです。いろんな意味で世間知らずで、世の中の荒波をしらない人たちです。

ということが書かれていました。
実際にみたことはないですが、日本で働いたことがあればこれが正しいだろうとは簡単に想像できます。こんなんばかりだと、どこかの大企業みたいにアジアの留学生の採用枠が半数を超えるという結果になります。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。