スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式に行ってきました

P1050300_convert_20100808171909.jpg

今日は一つ年上の兄の結婚式に行ってきました。
彼らは高校生のときからずっと付き合っていたので、もう付き合ってから7、8年経っているんじゃないでしょうか。

あまり結婚したいと思わない自分ですが、兄の結婚式に行く事によって少しはしたいと思うようになるかなと思っていましたが、やはり自分はまだまだ結婚したくないなと改めて思い帰ってきました。

最近は結婚する年齢がだんだん遅くなっていますが、兄はまだ25歳という歳でどうして結婚を選んだんでしょうか。
わたしは結婚する前にまだまだやりたいことや目標がたくさんあります、これをある程度実現させるまでには結婚なんて考えられないです。
こう考えるのはまだまだ私が大人になりきれていないからなんですかね。
人にはそれぞれの価値観があるので一概にはいえませんが、つくづく自分と兄は違うタイプの人間だなと感じます。

今日は家族だけの小さな披露宴でしたが、堅苦しいあいさつや愛想笑いなど、こういう会はやっぱり苦手だなと感じました。
新郎側は男3人兄弟、それに対し相手方は女3人姉妹でした。
口数少ない男3人と楽しそうに話す3人姉妹、対照的な家族でした。

今日は結婚式に参加していろいろな事を感じる1日でした。
幸せそうな2人をみていいなと感じる一方、結婚式という儀式自体にたくさん疑問点を感じた。

まず一つ目ですが12人程度が集まった小さな会でしたが、なんと費用は60万掛かったそうです。
教会で式を挙げて、披露宴でご飯を食べて写真を取っただけでこの金額です。
ぼったくりバーというレベルではないですね。
こんなお金を払うくらいならもっと二人のために有効に使ってほしい。

わたしの3ヶ月間の海外留学よりも高額な金です。
それがたった1日の結婚式よりも価値がないとは思えないです。

こういうと、結婚式は生涯で一度だけだからこういうものだよと大抵の人はいいますが。
そういう考えがあるからホテルの人たちは平気でこの額を要求します。
非合理的でかなり狂った相場感覚です。

協会で神父が”愛とは”と語っていましたが、たんなる金儲けの親父にしか見えなかった。
たったこれだけでいくら稼いでるんだろうとか、金儲けの道具に使っといて偉そうに愛を語るなよとか思った。
そんな中、母親と新婦側の父は泣いていましたが。

また普段キリストを信仰しているわけでもないのに、どうして結婚式はキリストなのかなとか。
この料理はいくらで、ドレスのレンタル料はいくらで、どんな計算で60万なんだよとか。
景気がいいときはそれでも式を挙げる人は多いけど、そりゃこんなぼったくりしてたら式を挙げない若者が増えるのも当然だろとか。

そんなことばかり考えている自分にもちょっと嫌気がさしてしまった。
相変わらず冷めた人間です。

私にはまだまだ結婚したいという気持ちが理解できませんが、兄がちょっとうらやましいなと思ったのも事実です。
この先、私にも結婚したいと思える程本気で好きになれる相手が現れるんでしょうか。
いままで付き合いを1年も続いた事がないのでちょっと不安にもなります。

ただ今日は、母の喜ぶ顔が見れたのでよかったなと思います。
3連休の1日目でしたが、明日からまた仕事です。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。