スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいプロジェクトに配属になりました

P1040620_convert_20100808152527.jpg

今日から社外に出て新しいプロジェクトで働くことになりました。
通信関係の仕事です。

このプロジェクトに入るにあたって、上司と話し合い出向するかを最終的に自分で判断しこのプロジェクトに携わる事になりました。

その理由の一つに、面接時にかなりの長時間労働になると言われたからです。
月の労働時間で350時間越えることもあると言われました。
一昔まえはめずらしい数値ではありませんでしたが、今は法律が厳しくなったので長時間労働は労働基準法で禁止されています。
実態は、中小企業を中心に守れていない企業が多いですが。
長時間労働以外でも、多重派遣など多くの問題も抱えていますが。

なので会社としては強制はできないから自分で判断してもいいと言われました。
この決断をするにあたって色々と悩みました。

まずデメリットに、帰る時間が遅くなるので英語を勉強できない事、ブログを書く時間がなくなること。
アンドロイド関係の案件からはずれること。
また通信関係の仕事は前社で体験した業界ですが、多くの多重派遣や契約社員や長時間労働などいいイメージを持つ事が出来ず、出来れば入りたくないと思っていた業界の一つです。

それとは逆に外にでることのメリットもあります。
まず、社外のプロジェクトなので100%残業代が支給されること。
社内の案件に比べ規模のでかいプロジェクトに携われる事。
そして、このプロジェクトに入る決め手となったことですが、
”若くても実力のある人にはどんどん仕事を任せる”とはっきりといわれたことです。
1次契約ではなく3次ですが、それでもここに入りたいと思いました。

そんなかんだで英語の勉強ができなくなるという大きなデメリットもありますが、最終的にこのプロジェクトに入ることに決めました。

決めるにあたって自分で判断しても良いと上司に言われましたが、ちなみにこれは前の会社と比べるとありえないほど優しい言葉でした。

以前の会社では出向先に当然のように拒否権はなく、決まり次第会社の意向で出向させられる事になります。
前社入社後に仙台で3ヶ月の研修のあと東京に来て、ある会社の出向社員として同期数名と出る事になりました。
その当時当社には東京に事業所がなく、東京に働く社員たちは全員出向先に出ています。
私が出向した先の会社のプロジェクトによってはさらにそこから、そこの社員たちが出向している会社へ出向社員として外に出る事になります。
請負企業として契約していますが中身は派遣とかわらず、その出向する社員たちをパートナーや協力会社と呼ぶ事になっています。

そのときに通信会社に出向していましたが、また今回通信関係で戻ってくるとはまったく思っていませんでした。

ただその当時とはだいぶ気持ちの持ち方が違います。
よくわからずにその場にいるのではなく、自分で判断してそのプロジェクトに携わる事です。
また昔より明確な目標があります。

わたしにとって大事なのは、働く会社名や給料や同僚ではなく、どんなプロジェクトでどんなことをしたか、またそこでどんな結果を残したかということです。
そして実務スキルを身に付け、英語の勉強を続けいかに海外か外資企業で働くための有利な材料を得る事です。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。