スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長時間労働

P2210786_convert_20100808172929.jpg

長時間労働は労働基準法で禁止されていますが、実際には守られていない企業が多いです。
そして前職ではそういう現場を多く見てきましたが、再びそういう現場へ戻る事になりました。

わたしはこの長時間労働をもっとなくしていくべきだと思っています。
といのは日本の企業では、無駄な仲間意識が強く帰ろうとしない社員が多くいるからです。
残業代が発生することにより会社の利益を減らすし、なによりも自宅に帰ってからの自己啓発こそビジネスマンにとって1番大事だと思うからです。

しかしそう思う一方、業務で長時間労働を経験したいという気持ちもあります。
その理由に、人より多く仕事をして人の倍業務知識を身につけたい、厳しい環境の中でどれくらい自分が働けるのか試したてみたい、さらに本を書くような優秀なビジネスマンや一代で社長になるような人は必ずといっていいほど、長時間労働を経験し、人の何倍も仕事をした経験があるからです。

仕事をこなすことによって自信がうまれ、さらにその苦労は必ず将来の強い武器になると思うからです。

ちなみにプロジェクト先によりますが、前職の社員では会社の強制であれハードに仕事をする人がかなり多くいました。
わたしの携わったプロジェクトは運用という業務だったので、残業をすることはほとんどありませんでしたが、プロジェクト先によっては、毎日終電までというところもあったり、残業代が出るところはまだいいですが、残業代も出ず遅くまで働く社員も多くいました。
また今までは給料が安いながらも残業代が多かったけど、不況で残業がなくなり自分の給料の少なさに気づく社員。

当時のわたしはかなり早い段階でその会社に見切りをつけ、早く帰って自己啓発することに労力を費やしていましたがそんな夜遅くまで働く人達をみて、何のためにそこまで働くのかまったく理解できませんでした。

それで年々給料が上昇し、成果主義で上がっていけるなら別ですが、実際には給料も上がらない、出向先で契約が切れたらまた別のプロジェクト、さらに不景気で案件が減っていったので出向先もない。
さらに独裁社長だったので、ハードワークを社員に強要、遅くまで働く人をえらいと考える社風でした。

こんなところにいては会社のいいなりになる、いいなりになるわりには一生給料が安い、さらに案件が減っていったので業務知識も身につけられない、技術職なのに歳ばかりとって将来使えない人材になるかも、そう思っていたのでどうしたら辞めれるかということばかりを考えていました。

しかしこの社員たちを哀れに思う一方、ここまで会社のために働けることに素直にすごいなと思ってもいました。
中には人に言われないと何もできない人も多いので、不満を持ちながらも流されるまま働いている人も数多くいましたが。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。