スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくが本を読むわけ

101023_1249_03_convert_20101024195234.jpg

今の部屋に今年の5月から住み始めて6ヶ月が経ちますが、上の写真はその間買った本です。
仕事が始まったてからは大分本を読むペースが減りましたが、多いときでは週に3冊は読むようにしています。

下の写真は、7月に撮った写真です。
ちなみにこれらはほとんど100円で買っているものです。

100717_1250_010001.jpg

転職や経営などかなり多くの本を読みました。
学生の頃はあまり本を読む事はありませんでしが、今ではかなり読むようになりました。

本を読む事はとても素晴らしい事だと思います。
まず素晴らしい事の1つに、他人の経験を疑似体験することができます。

たとえば、世界中を旅している人の本を読めば、実際に自分が旅をしなくてもその人の経験を短期間で疑似体験することができるし、会社を興した人の本を読めば、その人の体験を自分の知識として頭の中に蓄積することができます。
本を読むよりも実際に自分が体験した方が何倍も素晴らしいですが、時間やお金を掛けないことを考えたらとても効率的な情報収集ができます。

もう1つはモチベーションを高めることができます。
落ち込んだり妥協しそうなときがあっても、成功して過去に苦労した人の本を読んでいると、こんなすごい人でも昔はこんな苦労していたんだ、自分もがんばるぞと思えたり、
自分と照らし合わせて、こんな若いときからここまで考えていたのかと自分に危機感を持たせたりします。

実際に転職が思うようにいかずに焦っていたときも、本を読むことでモチベーションを下げないようにしていました。
英語を勉強するためにわずか社会人2年目で会社を辞める事を決め、海外から帰国後に転職活動を始めましたが、自分のやりたいことと、現実でできることのギャップの差があまりにも大きすぎたり、業務の経験年数もみじかく相当苦労しました。

しかし本を読んでいると、自分だけではなく実に多くの苦労する人たちがいることを知ります。
自分の苦労なんてまだまだ小さいものです。

成功する人たちの本を読んでいるとある共通したことが見えてきます。
彼らは若いときから明確な目標をしっかりともち、それに向かって努力している事です。
例えば、大学生の頃から社長になりたいとか。

そして、学生時代の頃の自分もそうでしたが、いかにサラリーマンが人生の目標を持たない人種だということをいつも思います。
勿論すべての人がそうではありませんが、ただ会社に来て家に帰るだけの毎日を送っている人達。

新しいチャレンジがあっても、つまらない理屈やできない理由ばかり考えてただ歳を重ねて行くサラリーマン。
そういう大人にはなりたいくないなと、成功者の本を読んでいるといつも感じます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。