スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動するスペーチ



毎日聞いています。

3つ目は「死」についてです。
17歳のときわたしはこんな文章を読みました。

「1日1日を人生最後の日として生きよう。いずれその日が本当にやってくる。」
強烈な印象を受けました。
そして33年間毎朝、鏡を見て自問自答しました。

「今日が人生最後だとしたら、今日やる事はほんとうにやりたいことだろうか。」
『NO」という答えが幾日も続いたら、わたしは何か変える必要があると知るのです。

死を意識する事は、人生において大きな決断をする価値基準となる最も大切な事です。
なぜならほとんどのすべて、外部からの期待やプライド、恥や失敗の恐れ、これらは死によってなくなるのです。

あなたが死を意識することが、失う事を恐れない最良の方法なのです。
あたたたいは既にありのままなのです。
思うままに行動しない理由はないのです。

わたしは1年前にがんと診断されました。
朝七時半にスキャンしたところ膵臓がはっきりと移っていたのです。

「ほぼ舞い違いなく治療不能ながんで、余命は3ヶ月から6ヶ月でしょう。」
主治医は家に帰って仕事を片付けるように言いました。

それは死を準備するようにという意味の医者の言葉なのです。
つまり、子供達に伝えるべき今後10年間のことをすべてを数ヶ月で伝えろという事なのです。

家族がなるべく楽になるようにしっかいrと始末しなさいということなのです。
家族にさよならを告げなさいということなのです。

わたしは診断書を1日抱えて過ごし、夕方バイオプシーをしました。
内視鏡は、のどから胃腸に入り膵臓からがん細胞を採取しました。

わたしは鎮静剤を服用したのですが、そこにい妻はわたしに話してくれました。
手術可能なきわめてまれな膵臓がんだとわかったのです。
医者達は顕微鏡で細胞を見たとたん泣き出したそうなのです。
わたしは手術を受け今も元気です。

これまでわたしが最もしに直面した経験で、この先何十年かはないことを望んでいます。
この経験から、わたしはより確信をもってあなたたちに言えます。

死を意識する事は役に立ったが、たんに頭の中の概念でした。
誰も死を望みませんよね。
天国に行きたいという人でさえ死を望まない。
誰も逃れる事はできないのです。

そしてそうあるべきなのです。
死は正における最も優れた創造物なのだから。

それは生に変化を起こす物で、古きものを消しあたらしきものへの道を造るのです。
今あたらしきは君たちです。
しかし、そう遠くない未来に君たちも古き物となり消えていきます。

とてもドラマチックな言い方で申し訳ないですが、それは全くの事実なのです。
君たちの時間は陰られている、だから無駄に誰かの人生を生きない事。

トグマに捕われてはいけない、それは他人の考え方とともに生きるという事だから。
他人の意見というノイズによって、あなた自身の内なる声、心、直感をかき消されないようにしなさい。

最も大事な事は、あなたの心や直感に従う勇気を持つ事です。
それら内なる声、心、直感はどういうわけか君が本当に何になりたいのか既にしっているのです。
それ以外のものはにのつぎでいい。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。