スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業からの課題

◆これまでの人生の中でITに関係して夢中になって製作した成果物について詳しく記載せよ。
 A4用紙1枚以上10枚以内。



  i-Phoneアプリケーション開発

■開発アプリケーション
sample4
開発期間:三か月
 開発環境:Mac OS X
 開発言語:objective-C
 
■機能&特徴
 飲み会などの会計時の計算ツールを作成しました。会社や学生同士の飲み会など多くありますが、その際の一人当たりの支払い額というのは条件によって違ってきます。職場の飲み会であれば、上司や先輩が多めに払う。また学生どうしであれば、女性よりも男性が多く支払いをします。そういう時に便利なアプリケーションを開発しました。

■使い方
 まず会計時の合計金額、男性と女性の参加人数を入力。例えば、女性の支払額が3000円で残りは男性の人数で頭割りする場合は、”3000円“を選択し”計算”ボタンを押します。すると、下のテキストボックスに男性と女性それぞれの一人当たりの支払い額、割り切れない場合の金額の不足金額が表示されます。一人当たりの支払額を求める際に2桁以下の単位(100円以下の小銭)は不足金に表示するようにしています。

■考察(開発動機)
 このアプリを作成した頃私はあるソフトウェア開発の中小企業に勤務していました。技術者としてスキルを磨くために、開発業務を希望していましたがネットワーク分野の保守部門に配属になりました。既に安定したマシンであったために保守の仕事自体は少なく、自分のスキルを磨ける環境ではありませんでした。このままでは、将来活躍できるエンジニアになることはできないと思い、自分の強みを創るためにi-Phoneアプリを自宅で開発しようと思うに至りました。
 当時は、i-Phoneアプリが日本で発売したばかりだったので、本屋に行っても参考書は少ない、インターネットで検索しても得られる情報はかなり限られていたのでほぼ手探りの状態でした。とくにPC上のシミュレーションから実機へ動作できるようになるまでかなり苦労しました。原因がわからず、たくさんの方法を試しながら手探りで何度も繰り返しました。また、平日は業務終了し帰宅してから、あるいは週末のみの作業であったため、内容自体は簡単なロジックにも関わらず、スタートし始めてから完成させるまで3カ月以上要してしまいました。
 完成させ、マックに投稿しようと思っていたのですが、既に似たようなアプリがある企業にてフリーで投稿されていました。作成したアプリを投稿させるには至りませんでしたが、このとき自分の力で一つの物を作り上げる喜びや達成感を感じたことを強く記憶しています。またこの経験から、個人だけではなく企業(チーム)単位で新しい事に挑戦したいなと思うようになりました。
 
以上

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。