スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイプチ富豪の成功法則

73ad3f25_convert_20110102092335.jpg



今年読んだ一冊目の本です。
早期リタイアを目指しビジネスで成功し、現在は年収3000万円稼ぎハワイでサーフィーをして過ごしている人が書いた本です。

自分の考えている理想とする将来像と驚くほど似ていることにびっくりしました。
この著書の中で何度も出てくる"自由"という言葉があります。

著者は若いうちから"生活のために働くこと"に違和感を感じます。
わたしたちはなぜ今の家に住んでいるのか、なぜ決まった時間に毎日家を出て、決まった場所に向かうのか。
目覚まし時計をセットする、まだ眠いのにベッドから起きて顔を洗う、満員電車に押しまくられなんともいえない異臭を我慢し、遅刻しないように会社に辿り着く。

収入が多くなるにつれ、人は大量に消費するようになります。車や贅沢品を買い、30年もかけてローンで家を買うようになります。
これが本当に幸せでしょうか、人によって価値観は違うので一概にはいえませんが。
ローンを組むということは借金に縛られる生活になります。

10年後にはリストラにあっているかもしれない、会社が倒産しているかもしれない状態で30年かけてローンを組むことは怖くないのか疑問に思います。
定年までかけてローンを組むという考え方次第、一昔前の好景気で終身雇用という時代遅れの考え方が前提になっています。

さらに高収入の人は車や家を買えますが、最近の若い低収入の人は節約しても貯金すらできない人も多くいます。
会社に毎日行き、毎月の給料から所得税、国民年金、住民税が取られ、さらにそこから東京で生活するために高い家賃を払い、高熱費や電気代、食費や生活費を払ったら手元には少しのお金しか残らない。
こんな生活なら生きている意味がないとさえわたしは思います。

わたしも著者のように何にも縛られい自由な生活をしたいと思っています。
昼まで寝ていたいとか、努力せずにらくに生きたいといっているわけではありません、やりたい事や挑戦したい事がたくさんあるのにそれを選択できない自分が嫌いなだけです。
金持ちになって大量消費を楽しみたいわけでもありません。

早くから早期リタイアを目指しその為の収入を得る為に、外資系で働きたいと思っています。
今の日本企業の給料には生涯働く事を前提に給料があります、若い人はずっと給料が安いまま、退職金や企業年金など、定年まで働く事が前提です。

しかし外資の企業はすべてそのときの出来高です。
長い間雇用するという前提がないので、その分年収は日本企業と比べて割高になります。
わたしのように定年まで働きたいと思っていない人にはありがたい制度です。

先を見据えある程度貯蓄が増えたらわたしは企業で働くことを辞めます。
定年まで働く事にはまったく価値を感じません。
当然収入が減りますが、支出を減らして暮らす方法はいくらでもあります。

例えば発展途上国の南の島にいけば、物価は日本よりも何倍も安いです。
日本では当たり前のように取られていた、高い税金や家賃代、生活費を払う必要がなくなります。
企業からの収入がなくなりますが、今ではインターネットでパソコンさえあれば簡単にビジネスをすることができます。

ということを目標にしているので、この著者の話はまさにわたしの理想像でした。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

ブログへの訪問&コメントありがとうございました。

海の色が印象的ですね。
高知も海は綺麗ですが流石にこの色には敵いません・・・
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。