スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強するだけでは英語が伸びないわけ

P1000095_convert_20100629205610.jpg

先日ひさしぶりに電車の中で、留学する前に聞いていた英語のリスニングテープを聞いてみた。
最近はずっとyoutubeから拾った英語のスピーチや海外ドラマの英語を聞いているので、リスニングテープがゆっくりで違和感を感じた。

英語を勉強するために作られたテーブがいかに実践向きではないか、こんなのをいくら聞いていてもほんとに英語が伸びるのかと疑問に思った。

本屋の英語関連のコーナーに行くと、資格で高得点をとるためのハウツー本や英単語を覚えるための本が山のように積み重なっています。

テストで高得点を取れるようになるかもしれませんが、これを必死に勉強していも一生英語は話せるようにはならないのに、不思議です。

英語を話せるようになることを目的に本屋に行くのに、気づいたらテストで高得点をとる事が目標にかわり、当然ながらテスト勉強は楽しくないのでそこで挫折する人が多いのではないでしょうか。
そして勝手に英語に苦手意識を持ち、英語を話せるようになりたいという本来の目的すらわすれてしまう。

ではどうしてこれらのハウツー本が本屋に積み重なっているか考えた事はありますか?商品の広告を作るときなど、売れるように宣伝する為に具体的な数値を好みます。

たとえば「30日間でTOEIC700点」など。買う側は魅力的な言葉にみえますが、実際には売る側が売れるようにタイトルを考えているだけ。
売れる本を本屋は置きたがるので今のような置き場になっているだけだと思います。

という自分も昔は本屋に行き英語の教材書を漁って、必死に机の前に座って勉強していました。
TOEICで高得点を目標にしているのであればこの勉強法でも構わないかもしれませんが、英語を話せることを目的にするのであれば、この勉強法は時間の無駄です。

わたしの周りには英語を勉強し始めようとする人がいますが、やはり多くの人は勉強から入ろうとします、まず本屋に行き英単語や文法の本をあさり始めます。

しかし実際に英語を使う環境に行けばわかるのですが、中学レベルの英単語力があれば会話するだけなら困りません。むしろ少ない単語力でも話し始めた方が確実に伸びます。

今のわたしの勉強法はいたってシンプルです。
毎日オンライン英会話で30分ネイティブスピーカーと話し、あとは電車の中でひたすら生の英語を聞くだけです。もちろん本屋で売られているリスニングテーブではなくて、youtubeから興味のある動画をダウンロードし何度も聞いています。

これならどんなに仕事が忙しくても、英語に費やす時間はわずか30分です。
欲をいえば、英単語や文法を覚える時間も欲しいし、英語の本も読みたいと思うけれど今の限られた時間の中でストレスをためずにという点では、今の勉強法で十分です。

英単語や文法は実際に仕事で使うようになったら、使う事が目的にかわるので自然に上達していくでしょう。
留学から帰ってきて英語を使わなくなってできなくなる人が多いと思いますが、わたしは逆に留学していたときよりも英語力があがりました。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。