スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローワークに通う人たち

P1000921_convert_20100629205644.jpg

今日はミクシィで転職に関するトピックを読みました、そして仕事を辞めてハロワークに何度か足を運んだときのことを思い出した。

実際にはハローワークで転職活動をしていたわけではなくて、失業手当の手続きをしに行っただけなのですが、そこはとても印象的で今でもはっきりと覚えています。

まるで葬式にでも来ているような暗い雰陰気です、小さな建物にたくさんの人がいるにも関わらず中はとても静かで、事務的な会話以外まったく聞こえてこないです。

ビジネスマンが最後にたどり着く地獄のようなところで、こんなところに毎日通っていたらますます社会に絶望感を感じます。

年齢や生活能力にもよるかもしれませんが職を無くしての転職活動は精神的にもとても辛いけど、一生に1度できるかどうかの良い経験だと思います。大学や会社など社会のどこにも属さないことで、初めて自分という人間と本気で向き合う事が出来ます。

どうしようもない不安や孤独に襲われるかもしれませんが、それを乗り越えたらもっと強い人間になれます。当たり前のように会社に行っていた時と違って、今は常に危機感をもって毎日を生きるようになりました。

自分の勤めている会社が突然潰れたらどうするか?給料が今の半分になったらどうするか?
明日会社が潰れたとしても給付金と貯金で最低6ヶ月間は転職活動に集中できるだけの金はあります、履歴書は常に準備しているし、ITの技術職として最低限基礎の基本情報処理技術の資格を持っている、それ以外でもキャリアアップのため毎日英語の勉強をしています。

まだ20代半ば、条件さえ選ばなければどこの会社でも通用すると思っているし、そうなるように意識をして仕事をしています。
自信をもってそういえるのは大不況時に失業していた頃、今よりももっと何もないときに辛い転職活動を経験したからです。

ここのトピックを観ていると愚痴を言う人がたくさんいます、人は物事がうまくいかないときは必ず他に原因を探そうとします。
不景気で仕事がないのも事実だし、安月給で社員を使い回していらなくなったら切るという会社があるのも事実だし、たいした仕事をしていない社員が派遣よりも給料が高いのにむかつくのもわかります。
だからと言って愚痴をいっていても何もはじまらないです。

そんあ暇があったら次のことを考えるべきです。
このいつなにが起こるかわからない時代、事が起こったときにどうすればいいのか考えるのではなく常に先をみて行動していくことが大切です。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。