スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本企業の新常識「国内採用抑制、海外採用増」

cc_convert_20101130120708.jpg

大前研一さんのこんなコラムを読みました、「日本企業の新常識、国内採用抑制、海外採用増」。

2000年前後の就職氷河期に次いで、10年から第二の就職氷河期が始まったと言われている。

就職率が悪いと新入生が集まらないということで、就職が決まっていない卒業生を授業料無料で留年させる大学まである。学生としては就活のモラトリアムが得られるし、学校側は卒業生の就職率を下げないで済む。互いの利害が一致しているとはいえ、学生に正道を歩むように導くべき立場の学校が数字を操作しているのだから世も末だ。しかも今の政府は、そうした輩を指導する講師の費用をもってあげよう、などとふざけた方向に進んでいる。どこまで甘やかしたら気が済むのか!

新聞報道によるとパナソニックが予定している11年春の採用は、国内外合わせて前年比1割増の1390人。しかし国内採用は210人減の290人。一方の海外採用は47%増の1100人と過去最多で、新卒採用に占める海外採用の比率は約8割まで上昇するという。

以前の日本企業は海外で新卒を取らなかったし、「現地採用」などと見下した言葉で海外の人材を集めていた。しかし今は違う。本社の人事部が幹部社員として正規社員の採用を世界中でするようになっているのだ。

ところが世の中の大半は、景気が戻れば雇用も戻ると信じているのだからおめでたい。要は、玉石混交どころか石しか出てこない日本の大学から誰が採るか、という話なのだ。外資系企業が日本人の採用を控えるのも同じ理由。

「日本人はいくら金をかけて教育しても、なかなかマネジャーレベルの能力に達しない」と皆口を揃える。

昔の日本がやっていたことを今、懸命にやっている国に追い越され、すでに日本企業でさえ日本の人材に見切りをつけている昨今、高校無償化などという甘ったれた政策を採れば、日本人の劣化に拍車をかけることだけは確実である。


だいぶ省略していますが、ということが書かれています。

大前研一さんの本を数多く読みましたが、その度に危機感を持ちます。
どれだけ学生やビジネスマンを含め今の日本がレベルの低い国か気づかされます。

今の日本に1番足りないものは危機感だと思います、どれだけ仕事が減ろうが給料が安くなろうがなんとかなるだろう、自分には関係ないと思っている人が大多数でしょう。

この先生き残っていくにはグローバル化が大事だとこれだけ言われていますが、前の職場でも今の職場でも英語を勉強しようとする人はまったくいません。

職種は全く違いますが大学の頃の友人に会っても同様です。
会社が潰れるか、もしくはクビにならない限りは一生危機感をもつことはないと思います。

ビジネス書や雑誌を読んでいると、現実とのギャップが違いすぎて自分のいる職場はまるで別世界のように感じます。
この厳しい時代を生き残る為には、自己啓発や企業に頼らず自ら学ぶ力が大切だとどれを読んでも必ず書かれていますが、職場の同僚はもくもく会社の仕事をこなすだけ。

そんなに重要な仕事?と思うような事でも夜の10時や11時まで会社に残って仕事をしています。
それでは当然、自己啓発に使う時間なんてないですよね。しかもそれを若手社員にまで強要するので太刀が悪いです。
彼らは定時に帰ろうとする若手社員をみると、最近の若いやつは根性が無いとか仕事に責任感がない思うでしょう。ただ目の前にある仕事をしていれば給料が自然に上がっていく時代とは違います。

自己啓発をする上で英語を勉強する事は1番の登竜門だと思います。
なぜならグローバル化が今以上にすすみ、社内公用語を英語にする楽天のような企業が増えていけば、英語ができなければ何も仕事ができなくなるからです。
そうなれば、資格や専門知識がどうとか言う前に英語できなければ意味がありません。

今の職場では30代の人たちと仕事をしているけど、わたしはこうなりたくない典型的な30代です。
仕事しか頭にない、今いる会社の仕事ができていればそれで満足している、チームをまとめる役割や技術の知識の差はあるが下流行程の技術者でしかないこと、日本企業でしか働けない。

技術職ならばもっと危機感をもつべきです。
日本は世界一法人税が高く関税も厳しい国ですが、グローバル化によって貿易の自由化が進みます。
そうなれば今より企業の新興国への海外進出がすすみ、技術者の下流行程の仕事が減ります。日本で製造する工程を持つ意味がなくなるし、日本の技術者を雇う意味がなくなります。
そうなると給料があがらないとか残業代がでないとかどころではなく、仕事自体がなくなります。

その結果がまさに、「国内採用抑制、海外採用増」です。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やすさんの年で

今の英語力じゃ転職は

厳しそうですね。英語は

話せて当たり前

2カ国使えて武器に

って感じじゃないすか?

あるいは自分の専門で

勝負ですかね。今の職場

で圧倒的な存在でヘッドハンティング

されうる人材なら可能性あるけど


現実は厳しいと思います。

努力が身を結ぶといいですね。

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。