スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達に言われたこと

cccc_convert_20101208110506.jpg

地元に帰ったときに友達にこんなことを聞かれた。
どうしてそんなにがんばれるの?

たしかに会社の同僚や先輩、他社で同じプロジェクトで働く人たちをみても仕事以外で自分のために自己啓発をしている人はほんとに少ない。実際にはしていても知らないだけでいるかもしれませんが、少なくとも私の周りには一人しかいませんでした。
いても仕事の資格を取るくらい。

どうしてそんなにがんばってこれたからというと、社会に出て死ぬほどくやしい経験をしたからだと思う。
社会には与えられる側と与える側の2種類の人間が存在します。

自分は学生のときから人よりもプライドは高かったし、負けず嫌いな性格でした。
社会のことは良く知らないけど、根拠もなく自分なら人よりも仕事ができて給料も多く貰えるようになると思ってました。だから大企業とか公務員の年功序列を目指さず、努力した分だけ結果が出ると思い規模の小さいIT業界に行くことに決めました。

これだけの理由で就職先を決めました。パソコンが好きだった訳でもなく、学校の専攻でパソコンを使っていたわけでもなく。

社会に出てから知ったけど、中小企業は大企業のおかげで成り立っていることを知りました。
とくにIT業界では技術者を大手メーカーに出向させてその対価を得るだけで成り立っているだけの会社。規模の小さい会社の経営者ほど、単に人を派遣させるだけで儲けてます。

自分は自社で三ヶ月間研修を受けてから外に出向になったけど、同期の中では自社の研修も受けずに契約先の会社に行きそこの会社の新人と研修を受けてから大手メーカに出向する人もいました。
自分の会社に入ったけど、他社で研修を受けてそこからそこの会社の社員としてメーカーに出向する。
いったいなんのために働くんだろう?って疑問を持つのは当然です。

そんな中大学の友人で自動社関連の大企業に行った友達はこんなことを話していました。
リーマンショックの影響で社員だけが集められて、これから先出向できてる派遣社員は契約を切らないといけないけど、うちの社員は守るから。

出向先の社員で、
派遣とか契約社員なんて景気が悪くなったら契約を切るに決まってるし、そのために雇っているようなもの。

っていうことを話してました。
大学の頃は同じ環境で同じ立場だったけど、社会に出た途端契約を切られる側と切る側にたつことになります。
中小企業に勤めた自分は契約を切られる側だし、大企業に勤めた友人は契約を切る側になる。

このままここに居たら大学のときに仲良かった友達と一生壁をつくるなーって思った。
よく人に言われるのがやりたいことがあっていいなーって言われるけど、やりたいことがあるからどうこうよりも、まずはなんとかしないといけないって考えるようになり、そこから先にやらないといけないことが決まっていっただけ。

ほんとにそれだけだと思う。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。