スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社

8d707e74_convert_20101209115949.jpg

「三年目社員が辞める会社、辞めない会社」


3年で3割以上が会社辞める、これからもどんどん増えていく中でいかに若者を辞めさせずにマネジメントするかということが書かれています。
「3年で3割以上が辞める問題」の本質を突き詰めていくというのが大筋です。

以前似たような内容の城繁幸「若者はどうして3年で辞めるのか」という本を読んだので内容としてはあまり新鮮さを感じませんでした。

著者が述べている、若者が辞める理由は
1.成長実感を持てるか
2.存在意義の実感ができるか
3.成長期待ができるのか

最近になって人材流動化とか、離職率とかいわれるようになっていますがこれは正直当たり前のことです。本来ならば会社に財産である優秀な社員をいかに辞めないようにするか、いかに働きやすい環境を作って会社を発展させていかなければならないのに、終身雇用とか年功序列のせいで、社員が辞めないことを前提に会社が経営をしていきます。
昔とちがって今は簡単にインターネットで情報が手に入るようになったので、辞めるなといわれていも簡単にやめていきます。というか昔の人は情報がなさすぎだと思う、大学を卒業してなにをやるかもよくわからず、どれくらい給料が貰えるかもわからず退職まで40年間働き続ける方が不思議です。

今の若い人たちにはたくさん選択肢があります。
その中で若者が3年で会社を去っていくのは当然のことです、なぜならずっと働きたいと思えるような会社が少なすぎるから。中にはすぐ辞めていく若者をターゲットにして食いものにしているビジネスもたくさんあるので、転職がいいことだと良いたいわけでもないです。

会社を成長させるためには、いかに優秀な社員に長くいてもらうかが大事なことです、すぐ人が入ってはやめていくような会社が成長できるわけがないし、ましてその会社の社員の給料があがっていくとはとても思えないです。

自分がいた1社目の会社もまさにそういう会社でした。
自分の同期は12、3人いましたが、今残っている社員は4人だけです。離職率はなんと6割超え。
自分が入社した年はリーマンショックの時代だったのでそれが影響しているからというとそんなこともなく、1個上の先輩も2個上の先輩も2、3人しかいない。

それほど若い人たちにとって働きたい会社と思わないのは明白です。なぜかというと大手メーカに出向してその対価をえて会社が成り立っているから。そこには当然、メーカーの一部に歯車の一つとしてまわされているので、成長実感もなければ、存在意義もあるはずがないです。さらに会社による給料の格差も目の当たりにします。同じフロアでも管理職を請け負っているところは倍近く給料は違うし、同じプロジェクトで同じような作業をしている労働者でも会社によっては、残業代がでるところ、出ないところもあります。
自分から言わせてみれば、その会社にいる人ほど鈍感で目標や目的がない人に見えてしょうがないです。

にもかかわらず経営者は、すぐに辞めていく根性のないやつが多いと愚痴っているので、いかに今の時代を見えていないことがわかります。二言目には不景気を理由に挙げたがります。そんなしょっぽい会社でも次から次に人が入っては辞めていくのに本当に哀れだなと思ってしまいます。

辞めていく人も見事なほど2パターンにわかれます、目標を持って辞めていく人もいますが、中には辞めた後のプランもないまま逃げるようにして辞めていく人もいます。後者のほうはこの先なにをやってもうまくいかない人生を送ることになると思います。
同期はあと4人残っていますが、近いうちに辞めると言っていました、辞めることを考えるのよりも次どうするかというプランをしっかりと持ってほしいです。

人材の流動化が進んで一番怖いことは、自分のプランを持たない若い人たちが社会から使い物にされることです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。真と申します。
私も海外で働くことを目指して日々自己啓発に励んでおります。
思考が非常にyasuさんと似ているのでいつも楽しく見ています。
私も20代、エンジニア、英語が使える、転職経験ありです。

今回の記事もかなり同意見です。

1.成長実感を持てるか
2.存在意義の実感ができるか
3.成長期待ができるのか

この3つの理由はまさに的を射ていますね。

終身雇用が崩壊した今、自分の市場価値を高めるのが絶対に必要ですよね。
たとえ今の会社が良くても10年20年先はまったく予想できないのですから。
そんな中で上記の理由を満たさず、のほほんと楽観的に過ごしているのは
単に思考停止した人です。今の40代50代の大半はそんな感じします。

辞めていくタイプの分類もまさにそうだと思います。しっかり考えている人は
次の場所を確保してから辞めますし、情報収集も怠らないと思います。

「会社は2年で辞めていい」という本を読んだことありますか?
お勧めです。
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。