スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外志向のない若者

a_convert_20101204202916.jpg

テレビや雑誌などでよく見かけますが、最近の若い人たちは海外指向がないと聞きます。意識調査によると5割の人が海外で働きたくないそうですが、実際にはもっと多いような気がします。

これは今の会社の同年代の人たちを見ていても感じます。インドや中国に関連会社を持っていて希望すれば海外で働くことができるにも関わらず、国内で働きたいと言っていました。発展途上国だからかわかりませんが。

自分から見ればとても不思議です。若いうちに何年か海外で働くということはとても大きな成長の機会を得ることだし、ビジネス英語を身につけることができれば市場価値を確実に高めることができます。
実際に転職市場では、リーダー経験ありとビジネス英語2年以上というのはかなりの年収になります。

にもかかわらずどうして海外で働きたいとは思わないのか。
定年まで今の会社で勤め続けるという考えが頭の中に無意識にあるからだと思います。自分の会社が潰れると夢に
思っていないし、転職することも考えていないから市場価値を意識していない。
エンジニアであれば転職するしないに関わらず、市場価値というのは常に意識するべきです。

ようは上昇志向のなさが関係しています。もっと給料がほしいとかもっとレベルの高い仕事がしたいと思えば、自分がいる会社だけではなく、外の世界も気にするようになります。

それがないから、会社でいくら英語の教材を貸し出ししようが、英語の先生を雇って英語の授業を受けさせようが社員の英語力が伸びないはずです。

せっかく本もただで借り出せるのに借りる人が少ないのももったいないです。
とくに今の時代、グローバル化という言葉を何度も聞くようになり、ビジネス書や雑誌を見ればいかに日本の外に出て仕事をすることが大切だと言われている時代です。
このまま不景気が続き、少子高齢化が進めば日本の雇用は確実に減り、労働者も日本人から外国人が増えるようになります。
日本でしか働いた経験がないことがリスクになる時代がいつかくるかもしれません。

自分には本当に不思議です。
海外で働く理由よりも、海外で働きたくない理由を探す方が難しいです。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。