スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT業界が抱える大きな問題

cccc_convert_20101208110506.jpg

IT業界が抱える問題をわかりやすく説明しているweb記事を見つけました。

「IT業界の構造上の問題とブラックな展開」

更に問題が大きくなるのは、IT業界の構造です。
IT業界の1案件あたりの売上は、決して小さくありません。ちょっとしたシステム開発でも数千万円、ちょっと規模の大きなシステムなら数億~数十億円のお金がかかる世界です。

よって、経済的な体力がない小さな開発会社では「納品してから代金をもらう」というようなスタイルはとてもではありませんが無理な話です。
その結果、誰もが知っているような家電メーカー系など、大きな会社が元請けにならざるを得なくなります。
そして、そのような大きな会社には往々にして研究開発部門こそあれど、現場で開発に従事するような開発担当者は不在で、マネージメント専門の社員ばかり、ということが多いのです。

実際には、その元請けの大企業が系列子会社に開発を委託し、さらにその系列子会社が中小ソフトウェア開発会社に対して開発者を求め、さらに更にその中小企業が零細ソフトウェア会社から開発者を引っ張るという、根の深い構造になることは珍しいことではありません。

そして元請け会社や系列子会社のメンバーは営業(顧客との商談)やプロジェクトマネジメントに従事することが多いので、実体としてのソフトウェア開発は中小企業以下のメンバー中心で行うことになり、見積もりの甘さや仕様変更・追加によるあおりの大部分をこのメンバーが受けて疲弊することになるのです。

さらに、この構造は金銭的にも問題となります。
例えば、元請け会社が顧客に出した見積もりでは、開発メンバー1人の1ヶ月の費用が150万円で提出していたとします。それを系列子会社に委託するする際は1人1ヶ月あたり100万円で見積もらせます。差額の1人1ヶ月あたりの50万円は、元請け会社の粗利となります。そして同じ公式で系列会社が中小企業から1人1ヶ月あたり70万円とか80万円で開発者を借りて、中小企業は不足しているメンバーを零細企業から40万円とか50万円で引っ張ってくるわけです。

そうなると、下っ端のメンバの給料など、どう頑張っても20万とか30万円くらいにならざるを得ず、酷使された割には安い給料となってしまうのです。

開発しても開発しても繰り返される仕様変更、疲労がピークに達し、その影響で噴出したバグの嵐。
その実体をごまかして、少しの遅れのように報告し、そして取り返しようのない遅れを「取り返せ!」と怒号する上層部。
ストレス、寝不足、栄養不足、運動不足により、苛立ち、胃が痛み、眩暈がし、それでも明日の朝イチの進捗報告につじつまを合わせるために今日も徹夜で作業。

こうしてIT業界のブラックな噂がまたひとつささやかれるようになるわけです。


まさに今のIT業界の問題をわかりやすく表しています。自分も日本で働いていた時はこの仕組みの中にいました。こんな仕組みの中にいたらどう考えてもまともに給料はあがっていかないですよね。給料があがっていくのは、社員を出向させられる人だけ。その人が技術力が高いとか仕事ができるとかはあまり関係ない。

こんな過酷な環境で働く人がいるのか、と疑問に思うかもしれませんがたくさんいます。辞めたいと思ってもなかなか辞めれない人、何かしら違和感やわだかまりを持ちながら働き続けている人もたくさんいたように思います。
離職率は他の業界とくらべると高い方ですが、出て行く人がいるように面白いくらいに外から人も入ってきます。中小企業は常に離職する人を待ち受けているので、転職者はまた同じようなレベルの中小をぐるぐる回っているだけです。

どうしてこんな構造ができたのか。
原因は日本人の忍耐力と決断力、自分でプランを考えることをしないからだと思います。どれだけ過酷で先が見えない環境にいようが、よくわからない忠誠心を会社に持っていて我慢することを好みます、また先がいくら真っ暗でもそこからどうしたいいか自分で考えることをまったくしない。わだかまりを持ちながらも自分で決断できる大人が少ない。

普通ならそんな会社に人は入らなくなるので、企業自体存在しなくなります。
インド人なら給料があがらない、自分のキャリアを作れないような環境なら確実にすぐ辞めます。インド人ではなくても、中国人、アメリカ人、普通なら辞めます。

日本人の余計な忍耐力、決断力のなさがこういう仕組みを作ってしまったように思えてならないです。意味のある我慢はするべきだけど、意味のない我慢はストレスを生むだけでそこから何も生まれない気がします。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

IT業界の問題かぁ。
分かっちゃいるけど、考えさせられるよねぇ。


ってか、
インド生活順調そうでよかったね。
旅行話も、また楽しみにしてますー
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。