スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行_マレーシア(クアラルンプールとペナン島)

    
 2009年9月のシルバーウイーク、まだ前職に勤めていた頃、会社の同期とマレーシアに行ってきました。人生4度目の海外旅行。しかも今回は、ホテルやツアーの予約はいっさいせず、航空券だけゲットした。ちなみに同期の友人は海外旅行は人生初。英会話学校に通い始めたものの、英語はほとんどわからん状態。

 シルバーウイーク直前に航空券をゲット。ちょっと高めの8万円かかりました。前回、シンガポールに行ったときはゴールデンウィーク前に休みをずらして行ったため、なんと3万8000円で往復券を買えました。実家の東京に青森に帰るのに新幹線が往復で3万円かかります。実家帰るより、海外旅行した方が得である。

-1日目-
 朝早くに家を発ち成田空港に向かいました。マレーシアの首都クアラルンプールに着いたのは夕方の6時です。空港を出るとさっそく観光客目当てのタクシーのおっさんに話しかけられます。ホテルを取るために空港にある観光客向けのセンターに行きました。
 なにを言っているかわかりませんが、ホテル代、タクシー代、仲介料を払い、運転手にホテルまで連れてってもらうことに。このとき相場はわからなかったが、実はこのとき払った金は、かなりのぼったくりでした。その後この旅行でこんなに金を払うことはなかったです。しかも、ホテルに着いたらホテル代を別に払わされた。
 英語がしゃべれず、日本人であるためにこんなに金を払わされる自分にすごい腹が立ってしまった。しかも部屋は、ありえないくらい狭い部屋にベットが一つしかなく、男二人で寝ることに。

-二日目-
 今回の旅の目的はペナン島に行くことです。ペナン島とは、マレーシアの北部に位置する小さな島で、「東洋の真珠」といわれています。ここの州都はジョージタウンと呼ばれ街自体が世界遺産地区に指定されています。オランダとイギリスの植民地であったために、ジョージタウンは主にイギリス植民地時代の建物と、様々な文化が融合した独特の町並みを今なお残しています。
 ペナン島行きのバス停に行こうとすると、ホテルのフロントのおっさんに「今、イスラムのホリディだから、ペナン島いきのバスに乗れないよ。」と言われる。電車で行こうと思い空港にいったが、明日の夜行列車じゃないと空いてないよといわれた。当然あきらめるわけにもいかないので、最終手段タクシーを使うことに。なんと片道6時間かかると言われた。
 このタクシーのおじさんはすごい親切でした。ジョージタウンに着くとホテルを一緒に探してくれました。ペナン島に向かう途中、一緒に昼食を取ることに。いろいろ話しかけてくれましたが、まったく英語を理解できなかった。このときも英語ができない自分に腹がたった。

 ジョージタウンに夕方につき、またホテルを探すことに。ここで見つけたホテルは、昨晩のボッタクリとありえないほど安く、2泊で一人3000円ほどでした。しかも部屋も相当広く、部屋からの眺めもすごいよかった。

 ジョージタウンの街並み。
___convert_20100709102849.jpg

 ホテルの部屋から見る、街並み。 
090919_1729_01_convert_20100709102007.jpg

-三日目-
 昨晩はかなり飲みすぎてしまった。友人がさきにホテルに戻って眠る中、わたしはひとりでジョージタウンの飲み屋街にいってきた。深夜に近づくと若者がたくさん集まってきて、みんなくるったように踊っていた。やっぱり経済発展している国はちがうなーと思った。夜は危険だから出歩かない方がいいと、旅行誌にかいてあったが、性格上それでも出歩きたくなってしまう。また、これが海外旅行の醍醐味だなと思う。

 この日はペナン島の観光地にあるリゾートビーチに行ってきた。予想通り、食い物も酒も高く、ホリデーにきた欧米人がたくさんいる。こういうところに来ると、金持ちそうな欧米人がきまってビーチの長椅子に座って酒を飲みながら寝そべっている。ゆっくりしに来たという感じだが、何が楽しいのか私にはよくわかりません。
 雨季ということもあり、残念ながら海はあまりきれいではなかった。
 夜は屋台で食事したあと、また昨日と同じようなところに飲みに行った。すると、帰り道女を買わないかと声を掛けられた。アジアは売春というイメージが強いが、まさにその通りだと思う。

 ペナン島の海。雨が降っていたこともあってかなり濁っていたのが残念。
2___convert_20100709102946.jpg

-4日目-
 この日は、マレーシアの首都クアラルンプールに戻ることに。行きはタクシーであったが、帰りはバスのチケットをとることができバスで帰れることに。ペナンは世界遺産に指定されている割には、あまりよくないと聞いたがわたしにとってはとてもいいところだった。とくに、夜中のクラブの活気はすごかった。

 夕方前にはクアラルンプールに着いた。さっそくホテルを探すことに。今回みつけたホテルも、街中であるにも関わらず、とても安く広いところだった。初日に払った金って・・・
 この日の夜ホーカー(屋台)で酒を飲んでいると、日本人観光客の二人の女性に会い声をかけた。彼女らはもう何10回もアジアを旅してるみたい。ベトナムやタイやカンボジアなど。今回、マレーシアに来たのは飛行機のトランジットで一日だけ泊まるらしい。かなり旅慣れた雰囲気だった。

夜のツインタワー。
3___convert_20100709102921.jpg


-5日目-
 マレーシアの最後の日です。明日の朝には飛行機でここを発ちます。この日は、ツインタワーや水族館、中華街など観光地をいってきた。ツインタワーは、相当すごかった。よくわからないが迫力を感じた。
 夜は、ツインタワーの見えるちょっと高めのクラブで酒を飲んだ。高めということもあり観光客がおおく、白人も多かった。ここで飲んでると、売春婦の中国人に声をかけられた。なに言ってるかわからないけど、隣に座ってきます。あっちから見ると、わたしたちが日本人だとすぐわかるそうです。

 店を出て、昨日のホーカーで飲んでいると昨日と違う、日本人観光客の3人組に会いました。彼女らは昨日会った、落ち着いた雰囲気の子たちとちがいバカみたい騒いでいた。こっちの方がいい意味でも悪い意味でも日本人ぽいなと思った。彼女らとは東京でも何回か会うことになり一緒に東京でご飯も食べた。

 ツインタワー。よくわからないけど、かなりの迫力でした。
090922_1157_01_convert_20100709102151.jpg

 ツインタワーの下のカフェ。
090922_1211_01_convert_20100709102212.jpg

 ツインタワーの下の公園。
090922_1147_02_convert_20100709102128.jpg


 やっぱり英語を使えないことはかなり不利ですね。マレーシアにきてもっと英語を話せるようになりたいと強く思ったこと、それだけでも来てよかったなと思える。
 費用は航空券も含め全部で18万ほど使った。アジアの旅行にしてはかなり高いほうだと思います。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。