スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職活動_ハローワークに行ってきました

 
昨日は、職業安定所ハローワークに行ってきました。 
わたしが住んでいる川口のハローワークに行くのははこれで3回目です。

いつきてもここは負のオーラが蔓延しています。
ここに長い間いるとそれを持って帰ってしまいそう。

ちなみにわたしはハローワークでの就職活動は一斉しておらず、失業給付金の手続きのために行っていました。

今回は就職が決まったので、その際の手続きのためです。

皆さん知っていました?

自己都合で会社を辞めると失業給付金の手続きをしてから、お金をもらえるのは三ヶ月後です。
その三ヶ月の間に説明会があり、必ず参加しここでまた手続きを一回しなければなりません。
その後、申し込んでから三ヶ月後に給付金がもらえますが、このもらえない間は待機期間とよばれ、もしこの間に就職が決まれば一時金がもらえます。

というか、こんな大事なことを辞めてからはじめて知りました。

税金や年金のこともそうですが、どうしてこういう大事なことを企業であれ教育機関であれ、教えようとする仕組みがないのかいつも疑問に思います。

わたしの場合、三ヶ月後に貰える一日の額は5000円とちょっとで、三ヶ月以内に就職が決まったので貰える額は23万円らしいです。

自分としてはかなりうれしいのですが、ここにもまた疑問があります。
この自己都合で会社辞めた人に三ヶ月後に手当てを払う意味ってそもそもあるのでしょうか。

とくにわたしの場合は就職活動のときにお金がなくて困っているのに、もらえるのは申し込みしてから三ヶ月後だし、さらにその期間以内に決まって、一時金としてもらえるのは更にまた審査などがあり三ヶ月後です。

つまり、すでに仕事が見つかって働いてからちょっとたったときにお金をもらいます。
これって失業保険として成り立っているのでしょうか。

さらに、たとえ三ヶ月間仕事を見つけられなくて、そこからやっと手当てがもらえるようになりますが、企業側は三ヶ月以上離職期間が空いている人、とくに6ヶ月以上空いている人を企業側は敬遠すると聞きました。

理由としては、3ヶ月仕事を休んで(旅行などしながら)失業手当をもらって、その後就職活動をする人を企業側は極端に嫌うからだと思います。
もしそうなら、この三ヶ月後に手当てがでるというのは、受給側からしてみれば相当ネックになるのではないでしょうか。

日本人てほんと損な生き物ですね。
働いている間も、長期休暇をとれない。
また、仕事を辞めても、長い間休んでいるとつぎの仕事を探しずらい。


あ、あともう一つきになることが。

実家のハローワークも含め、今住んでいるところのハローワークに何回か行きましたが、いつ行ってものすごく混んでいます。

これっていつからこんな状態なんですかね。やっぱりサブプライムから。それともそれ以前からずっと?

こんなに失業者がいるのかと思い、かなり焦りもします。

ちょっと調べてみました。

完全失業率は5.2%
完全失業者数347万人。
(2010年5月)
ちなみに職業安定所は600箇所あるそうです。

ということは一箇所当たり、5800人あたりが利用している計算に。。




人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。