スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月収80万円稼ぐ人と前会社の先輩と労働派遣法


P1050262_convert_20100808171824.jpg

前回は前の会社関係で知り合った月収80万円を超える知り合いの事を書きましたが、今週は私の前の会社で仲良かった&尊敬していた人たちについて書きます。

会社を辞めた今でも付き合いがある3人の先輩+同期1人です。
簡単に紹介しますが、まず一人目は10歳歳上のA先輩。
この人はIT業界ではかなり珍しくアウトドア派で、フットサルやボードなど趣味1番波長が合う先輩でした。

2人目は20代後半と年齢はまだまだ若いですが既に結婚して子供も持ちます。
仕事面でも若いながらすでに役職をもらい活躍しています。
仕事が一緒になることはありませんでしたが、多くの事を学びました。

3人目は30代前半の中国人です。
私が会社を辞める半年ほど前に辞めました。
この人が辞めるときに私に話した言葉は今でも忘れられないです。
”先月FXで1000万以上稼いだ。日本の国籍(帰化)も取ったしサラリーマンでいる必要がない。”
といって辞めました。
今の自分の仕事に対する考え方は、この人の影響を1番受けるているように思います。
これは直感ですが、私の人生は中国人に何かと縁があるような気がします。

4人目は1歳年下ですが、同期で入社した人です。
保育士からエンジニアに転職しました。
どうして仲が良かったかというと、同年代とうこともありますが寮の同じ部屋に住んでいたので1番一緒にいる時間が長かったです。
ちなみに彼も仕事を辞め、現在は俳優の学校に通い俳優?を目指しています。

まずは10個歳上の先輩。
この人は10年も勤めていて、同じ寮に住んでいたのでしょっちゅう一緒に飲みに行きました。
飲み会だけではなく、フットサルやスノボーなど多くのイベントに誘ってもらいました。

歳は34歳ですが、現在も独身で会社の寮に住んでいます。
プライベート面ではしょちゅうお世話になりましたが、仕事では出向先が一緒でしたがプロジェクトは一緒になることはありませんでした。

こういうと失礼かもしれませんが、10歳も歳は違いましたが部活の気の会う先輩のような感覚でした。
2人で飲みに行く機会も多く、くだらない話しや会社の話しを多くしたことを覚えています。

特にわたしが辞める少し前には、かなりの愚痴や不満を言いまくってしまいました。
”こんな会社にいても意味がないとか。”
”低収入で一生働きたくないとか。”

お世話になったにも拘らず、生意気で最低な後輩です。
わたしは以前いた会社に相当不満を持っていましたが、それが全部飲みの場で爆発していたという感じです。

そしてわずか23歳という年齢で退職を決心しますが、あの頃はほんとに若かったです。
わずか半年前ですが。笑

こんなにわたしが不満を持っていたのには理由があります。
それは私のいた会社は、大手の企業に出向させることで対価を得ている会社で、実質ただの人材会社でした。

現在のIT業界はピラミッド構造といわれ、こういう企業は何千と存在します。
それを知らずに入社した自分が、無知といえばそれまでですが。

そういう仕組みなので、社員を出向させている社員はあまり給料が上がらない仕組みになっています。
それもそのはずです。

労働者として社員を外に出しますが、その社員の単価が年々上がっていくことは稀です、とくにこの不況下では。

現在の労働集約型の働き方では下請けも労働派遣もあまり違いが無いです。
ある通信会社に下請け企業として契約し出向していましたが、実際は派遣と一緒。
されにそこからそこの会社の労働者として大手に出向するときもあります。
さらに、うちのような小さな会社でさえ協力会社といって、さらに小さな企業から人を派遣させます。
こんなくだらないことをしている企業が多く存在しています。

彼らの言い分は、外注(派遣)を使わなければ利益を上げられない。
どこもそう思っているので、何十もの下請け構造ができあがっていきます。

労働派遣法が制定されたのが20年ほど前、様々な形で改定されていきます。
これには雇用を創出するためとか言われたりもますが、わたしの考えでは大企業社員に都合のいいように作られた法律です。

労働者を在庫として扱う事が出き、仕事があれば使う、無くなれば契約を切る都合のいいものです。
大企業の社員はたいして働く事もせず自分たちの安定は確実に確保しています。
その中で労働者はたいした給料も得られない中、契約が切られないように遅くまで必死に働きます。

勿論すべてがこうとは言い切れないですが、私から見た目ではこういう風に見えました。
さらに最近知りましたが、その中で仕事を発注する側の社員は残業代を含めてですが月収80万を超えていること。
この人の場合は体を壊すほど毎日働いていたそうですが。

2008年日本には、ニートは64万人。フリータは170万人ほどいるそうです。
こういう人たちは働いた事がなくても今の歪んだ日本社会を直感的に知っているように感じます。

ただ、私がいいたいのはこういう世の中だからニートになってもしょうがないといいたいわけではありません。
こういう時代でもしっかりと自分の目標を持ち努力する事はとても大切な事です。

暗い事ばかり考えてもしょうがないので、前向きにがんばります。
せっかちな性格ですが、まあ焦らずに少しづつ。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。