スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人エンジニアの強味

10721557_convert_20101211011344.jpg

インドに来てからもう少しで3ヶ月が経ちます。さすがに3ヶ月もインド人と仕事をしていると、インド人の良いところや悪いところもそれなりに見えてきます。

まず良いところは、やっぱり言語能力とプログラミングスキルが強いこと。これはグルーバルに活躍したいエンジニアはとても強みです。うちの会社に入って長いスタッフは、英語に加えて日本語もある程度話すし、日本に行って数年仕事をしたスタッフはかなり流暢に話します。日本にいるそこらへんの中国人よりもレベルが高いです。現地語のヒンディー後に加えて、世界標準語の英語、さらに日本語。英語すらまともにできない日本人には考えられないことです。

次にプログラミングでいうと、これもやっぱり理系に強いだけあってかなりの強味です。とくにうちの会社の場合、入社したフレッシャーにスキルアップからやりますが、これをネイティブ言語からしっかり教えます。ネイティブというとパソコンに実操作に近いC言語だったり、windowsでいえば.NETからではなくwindows APIから学びます。
日本では長引く不況のせいで研修に金を時間を使わないし、新人でもとりあえず職場にいれてという流れが主流です。なのでjavaやVBだったりとか、メモリやポインタすら理解せずにプログラムをなんとなく組むエンジニアが多いです。なのでうちのインド人スタッフが日本の客先に出向するとかなり高い評価を受けて帰ってくるそうです。

というのがここのインド人の良いところですが、もちろん悪い点もあります。
プログラミングスキルや言語能力は高いけど、プロセスを考える力だったりチーム力というのが極端に弱いです。たとえば、インド人を日本チームにいれて仕事をさせようとすると、日本の仕事のプロセスの中に個のスキルが高いインド人を入れるので成功しますが、逆にこれをインド人だけでチームを組んで仕事をしようとすると、同じような結果にはなりません。なぜかというとプログラミングができてもチームで仕事を進めるやり方が下手だから。

こういうのを見ているとまだまだ日本人エンジニアが活躍できる場があるなと感じます。逆にいうと言語でもプログラミング力、さらにコストパフォーマンスを入れると、絶対に彼らに勝つことはできないので日本人エンジニアはリーダーという道しかないわけです。これから先、アジアで日本人に活躍の場があるとすれば、リーダークラスだけ、ある程度システムの中身がわかる、英語がビジネスレベルという一部の人に限られてきます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

Fiji-Indian

10721557_convert_20101211011344.jpg

I will talk about fiji.
There are about 300 island. This country is known as beautiful resort island, every year many Australian and newzilian are coming for sightseeing.

And In Fiji, 40 percent of nation is Indian. In the colonial period of England they take Indian as laborers for sugar plantation, because Fijian don't work at all, their national character is so lazy.

Fiji Indian has effected to fiji society. Fijian like to live in village, But Indian create the city, they had contributed to fiji economy and commerce.

At first Fijian did't care about Indian at all, but Indian have more influence therefore they would have conflict each other.

The Fiji Indians have fought for equal rights, although with only limited success, many have left Fiji in search of better living conditions and social justice and this exodus has gained pace with the series of coups starting in the late 1980s.

Public outrage in the United Kingdom at abuses was a factor in the decision to halt the scheme in 1916. All existing indenture was cancelled on 1 january 1920.

From the early 1900s, Indians started arriving in Fiji as free agents. Many of these paid their own way and had previously served in Fiji or other British colonies or had been born in Fiji.

In 1987 it was happened military coup, and also in 2000. They have social issues to coexist and national unification.

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

国内採用減、海外採用増

g_convert_20101209163954.jpg

Recently university student in japan have a huge problem to start working, their employment rate is becoming quite worse and worse because of economic recession in 2008 and big disaster in this year.

And in addition to further some company start to adopt foreign student from asia than japanese student. It means that it become more difficult for them to start working.

Many media reported that Rakuten company decided to use English in public language to adopt intelligent staff from in the world. And Uniqro will adopt foreign staff half of whole 600 new employee in next year.

And most remarkable instance, Panasonic decided to adopt 1400 new employee, and foreign staff are 1100, Japanese staff are only 300.
Other large company like panasonic will begin to imitate same things.

Globalization has been said a few decade ago, but in earnest it has started suddenly only a few years. Older human resources intend to respond globalization by adopt foreigner, although they can not do this for long time.

By some company start to adopt foreign student, japan's unemployment rate would become worce absolutely. And some people lose their job. It means that the business man who have to pay taxes would reduce.

If you are human resource that company, what will you do? You adopt Japanse staff or foreign staff than before.

If I am, I will adopt more intelligence staff. It mean foreign staff than japanese.
Why we have to protect the japanese student who don't study at all. almost asian students who want to work abroad are hardly studying other language in addition national language.

Japanese students don't study in their school, and After join the company, almost of them don't study by themselves. noting to say their professional knowledge skills also language.

The company want to alive, they should adopt intelligent people regardless their nations.


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

仕事ができる人と忙しい人の違い

___convert_20101030182100.jpg

こんなのを見つけました。

1. 『忙しい人』は、「忙しい」と周りに言えば、「カッコイイ、頑張っている」と他人が評価してくれると思っている。
『仕事ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。

2. 『忙しい人』は、終了時間への認識が甘い。(なんとなく終わったらいいな~的な)
『仕事ができる人』は、絶対にここまでに終わらせるというスケジュール意識が強い。

3. 『忙しい人』は、納期意識がギリギリ。(納期寸前で作業にとりかかるので、その仕事のみに集中してしまう為に効率が悪い。)
『仕事ができる人』は、前倒し。(納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。)

4. 『忙しい人』は、せっかくスケジュールを作っても、緊急事態・トラブルで乱れっぱなし。
『仕事ができる人』は、緊急事態・トラブルでスケジュールが乱される事がほとんどない。

5. 『忙しい人』は、いきなり仕事にとりかかり、仕事完了に近くなった時点で「仕事の目的と最終完成物」を考える。
『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。

6. 『忙しい人』は、「プライベートの時間を、とれたらいいな」的にしか考えていない。
『仕事ができる人』は、「プライベートの時間は絶対にとる」と最優先的に考え、その時間をホントに大切にする。

7. 『忙しい人』は、相手の期待よりちょっと低い仕事を行い、手直しで時間をとられる。その為に誉められる事も少なく、モチベーションも上がらない。
『仕事ができる人』は、相手の期待を少し上回る形の仕事を行うので、手直しがほとんどない。そのためお客様や上司から誉められる事も多く、モチベーションもアップしていく。

8. 『忙しい人』は、ホントはやらなくてよい仕事をたくさん抱えている。断るという事が苦手
『仕事ができる人』は、自分しかできない仕事が中心。頼まれた仕事を断る事ができる

9. 『忙しい人』は、仕事にとりかかって、段取りを考える
『仕事ができる人』は、段取りを考えて、仕事にとりかかる

10. 『忙しい人』は、段取りを考える時間を短時間で済まそうとする。
『仕事ができる人』は、段取りを考える時間を十二分にとる

11. 『忙しい人』は、根回しがヘタ。仕事が完成した後に、関係者から異議がでて、トラブルシューティングに奔走する
『仕事ができる人』は、根回し上手。仕事を始める前に、重要な関係者をリストアップし、根回しを完了させる。仕事完了後に関係者からの異論はほとんど出ない。

12. 『忙しい人』の優先順位は、納期期限が中心。納期が迫っているモノが優先順位が高い仕事になっている
『仕事ができる人』の優先順位は、仕事の効率とその仕事の目標への寄与・貢献度。

13. 『忙しい人』は、集中できる環境を作る事ができない。電話や誰かが話しかけてきて作業の邪魔をする為に、同じ事を何度も考えないといけない。
『仕事ができる人』は集中できる環境を作る事ができる。誰も思考や作業を邪魔しない環境を作る事ができる。

14. 『忙しい人』は、携帯電話にかける数より、かかってくる本数が多い。
『仕事ができる人』は、携帯電話にかける数の方が多い。携帯電話にかかってきて仕事を中断させられる事態を、先手を打つ事で防いでいる。

15. 『忙しい人』は、自分が他人に頼んだ事を忘れている。頼んだ相手も、頼まれた仕事を忘れており、それがトラブルを生み出す。
『仕事ができる人』は、自分が他人に頼んだ仕事は決して忘れない。時折、チェックも入れるので、相手も忘れることができない。

16. 『忙しい人』は、他人に事を頼むのがヘタ。依頼する際の打合せがヘタな為に、完成物を自分で手直しするのに時間がとられる。(人に頼まずに、自分でやった方が速いといった事になる)
『仕事ができる人』は、他人に事を頼むのが上手。依頼する際の打合せで詳細にイメージ合わせをする為に、完成物の手直しなどがほとんど発生しない。

17. 『忙しい人』は、学習する時間をとれていない。いつまでも同じやり方で仕事をしている。
『仕事ができる人』は、どんなに忙しい時でも学習時間の確保を行っている。学んだ知識をもとに、もっと効率的な仕事のやり方を求めて、いつもチャレンジをしている

18. 『忙しい人』は、同じような仕事でも、イチイチ考えながら仕事をしている。
『仕事ができる人』は、同じような仕事が発生したら、考える事なく、仕事ができる仕組みを作り上げている。 

19. 『忙しい人』は、運動などにも時間がとれなかったり、睡眠不足で仕事をしてしまう。時には徹夜も。そのため体調不良をおこしたり、身体に無理して仕事をしてしまう。それが原因のミスも生まれたりしてしまう。体調によりモチベーションも不安定になる。
『仕事ができる人』は、適切な運動を定期的に行い、十分な睡眠をとり仕事を行う。体調不良によるミス、集中力欠如によるミスは少なく、常に安定したモチベーションを維持している。

20. 『忙しい人』は、「忙しい状態」を甘んじて受け入れてしまっている。
『仕事ができる人』は、「忙しい状態」事は絶対にイヤ。受け入れる事ができないと思っている。

昔の年収1000万以上稼いでいた上司はほとんどが当てはまりました。仕事ができる人はだいたい同じことをやっているんですね。
それとは逆に忙しい忙しいとばかり言う人。これも昔の同僚によくいました。忙しくなくても忙しいぶっている人も。。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

TPP農業問題

10721557_convert_20101211011344.jpg

I want talk about "TPP".
It stands for Pacific Starategic Economic Partnership Agreement.Simply said, it remove import and export tax in Pacific contras. This political measure was started in 2006 year by only four contras, Chiile and Singapore, Brunei, New Zealand.
But now other bigger counties want to take part in it like United States, Australia, Peru, Vietnam, Malaysia and Korea, Canada, Mexico.

Lately, Japan also started to debate to join them. But this is so quite problem in Japan. Because for long time ago, Japanese government strictly refuse free trade to protect agriculture of this country. In remarkable example, the rice have been protected by 7 hundred percent of tariff.

If this country take part in TPP, most of competitiveness agriculture don't have arrive absolutely, they have never compete with cheaper agricultural of abroad which make it in cheaper and vast land, besides lower labor cost younger employee.
If we compare the such as larger and cheaper farming, 1 kg of rice is 15 rupee, But in Japan 1kg of rice is 250 rupee.

They are too weak to fight them. And protect for them many tax of national is used. They haven't make any effort at all. For example, in this country there is an organization of government is called JA. If farmers go to JA, this JA would always buy crop in the average price. It shows wasteful use of tax.

So what we will do to join TPP. If they join the TPP, many people would lose their job, and japan of agriculture can't alive absolutely.
And not only agriculture other products also, like making software company.

This answer that younger people and company should go to the best place to farm for agriculture. Because Japanese rice is most delicious in the world and high quality, not only rice other crop and vegetable also. They should do agriculture with larger farmland and lower labor cost by using high technology of japan's agriculture.

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。