スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者はどうして3年で辞めるのか



「若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来」
最近は本を読む事からとおざかっていましたが、ひさしぶりに本を読みました。

大ベストセラーになったのでほとんどの人が知っていると思います、時間があったら読みたいな思っていた本の1つです。
単純に世間一般で良く言われている「最近の若者はすぐ会社を辞める、根性が無い」という話ではなく、いかに世の中が若者をしいたげているかということが書かれています。

漠然とあった世の中に対するもやもやしたものが、この本を読む事によってはっきりと形づくっていくような感じでした。ちなみにわたしは1年8ヶ月で一社目を辞めています。

中でも1番印象深いのが、派遣社員に関する記述です。
年功序列制度を支える為に、第一線で大して面白くもない作業を黙々とこなしてくれる若い兵隊が絶対に必要なのだ。いままでよりずっと安い賃金で、ずっと下っ端のままこき使える存在、そんな便利な存在が。
少なくともバブル以前、そういった労働者はほとんど存在しなかった。誰もが年をとれば昇給していくシステムだったためだ。
それは1990年代、長引く不況の中で、企業側の強い圧力により新しく作り出されて行く事になる。
「派遣社員ほど使える存在はいない」
1998年には90万人程度だった派遣労働者数は、わずか5年で200万人を超えた。
彼らの平均年収は300万円弱。同じ年の正社員の7割程度しかない。

という内容です。
技術力の流動化とか、雇用を創出するためともっともらしい言葉をならべているけど本質はこういうことです。
さらに、世の中には社員として入社したにも関わらず、しらずしらずの内に派遣社員として働かせられる若者もたくさんいます。

新卒で入社し、右も左もわからない内に社外に派遣社員として出向させられます。
さらにそこで契約をした先の企業で働くわけではなく、そこからまた違う企業であるメーカーに出向し仕事をすることになります。
これを100人規模しかない会社も同じようにさらに規模の小さい派遣元の会社と契約し出向させます。

はたから見ればなにをやっているんだろうと思いますが、現場の人たちはlこうゆうものだと思い働いています。
メーカーに出向しますが、勿論自分の会社の名刺を出す事は一度も無いし、もしくは派遣元からもらって名刺を使うことになります。

こういう会社は実際に離職率は相当高いですが、それでも次から次に人が入っては辞めていきます。なんのためにこの会社が存在するのか、それすらもわからなくなります。

この本はとても面白かったので、他の本も読んでみようかなと思います。
「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」
「内側から見た富士通」

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

アフェリエイトで月収100万円も夢じゃない

g_convert_20101209163954.jpg

今日はこんな本を読みました。



<著書紹介>
月300万円を稼ぐカリスマ・アフィリエイターが初心者から更にお金儲けが出来る誰も言わなかったノウハウが満載。
サラリーマンの副業、主婦の小遣い稼ぎとして人気を集めるアフィリエイト。
パソコンとホームページを作成する技術があれば、誰でも簡単にできるが、もちろん成功するためには裏ワザが必要。
元フリーターにして現在は月収ン百万円を稼ぐカリスマアフィリエイターが、自身の体験をもとに月に100万円を楽して稼ぐノウハウ、裏ワザを惜しげもなく大公開。
「こんなに儲かっちゃっていいの?」と実感できる、極めて実用的なお金儲けの本。


ブログを書き始めて6ヶ月が経ち、だいぶ"書くこと"に馴れてきたなと感じます。
学生から社会人までがりがりの理系で生きてきたので、日記はおろか文章を書く習慣すらまったく無い私にとって、はじめはかなり苦痛でした。

その頃に比べるとだいぶ馴れてきました。
そして少しずつですがアクセス数も増え、コメントも書いてもらえるようにもなり、書くことがようやく習慣になりはじめました。

いままではあまりアクセス数を意識しませんでしたが、そろそろ増やすための工夫もしていきたいなと思います。
ということでこの本、”アフェリエイトで月収100万円も夢じゃない”という本を買いました。

まず読んで思ったことは、この作者がアフェリエイトで儲けたのは、アフェリエイトがまだ流行る前の時期、2000年頃だったので、かなり稼ぐことができましたが、今の時代では同じようにやってもそこまで稼ぐのは無理でしょう。

なぜなら、アフェリエイト自体すでに珍しいものではなくなり、アフェリエイトで儲けようとする人が非常に多くいるからです。
何万人というアフェリエイターもいて、何万というホームページが存在する中で、当然ですが儲けるのはかなり難易度が高くなっています。
ただ、アフェリエイトに限らず、成功者がしてきた足跡を辿るのはとても勉強になることは間違いないです。

この本を読んで、ブログのアクセス数をもっと増やすために、私がしなければならないと思ったことが2つあります。
一つはこのブログをもっと多くの人に知ってもらうこと。
まずはこのブログ自体を知ってもらわなければ、どんなに書いたところでまったく意味がないです。

このブログを知ってもらうためのなにか工夫をする必要があります。
人通りの少ない道でレストランを開いても繁盛しないのと一緒です。

2つめは、グーグルの検索ワードを意識することです。
ホームページやブログを訪れる頻度が最も多いのが、検索してその結果からページにアクセスする機会が1番多いそうです。
たとえば、iPhoneやスマートフォンなどのHow toを書いて、検索で上位に表示されるようにすること。

この著者のように月収100万円とまでいかなくても、とりあえずは今住んでいる部屋の家賃代は稼げることを目標に頑張ります。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

社長失格 ぼくの会社がつぶれた理由



<著書紹介>
1年前のクリスマスイブに、1つのベンチャー企業が破産宣告を受けて倒産した。インターネットを使った新サービスで脚光を浴びた、ハイパーネットという企業だ。1996年3月期には売上高約7億円、経常利益約2億円を記録。大手証券会社や銀行などから融資の申し出が殺到し、米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長までが面会を求めてきたという"栄光"から、わずか2年足らずの間での転落劇だった。
なぜ、ハイパーネットは挫折したのか。当事者中の当事者だった「元社長」が倒産の理由を1冊にまとめたが、決して恨みつらみを述べただけの告白本ではない。著者の体験は、日本ではなかなかベンチャー企業が育たない原因がどこにあるのかを浮き彫りにしている。
米国のビジネススクールでは、事業に失敗した経営者が講師となり、体験を語る授業が珍しくないという。倒産までの過程を書き記すことで、その役目を果たそうという著者の熱意が、悔恨の念とともに伝わってくる。


今年読んだ本なのなかでいまのところ1番印象に残りました。
それほど私にとって刺激的でした。

会社を存続させるためには資金繰りが大事だということを昔から良く聞きますが、その中身をこの本を読むことによって本当の意味で理解できました。

いかに素晴らしいアイディアを思いつこうが、海外にビジネスを展開しようが、売り上げを急成長させようが資金繰りがまわらなければすべて皆無になります。

ここまで銀行が影響力をもつのにも不信感を抱きました。
旧来型組織から脱却しようとしているにもかかわらず、他銀行としっかりと足並みをそろえたがる銀行。
そして自己資本比率向上のため、一斉に集金をはじめる。
こんなやり方であれば、銀行が複数あることに疑問を感じます。

銀行が返済させるためにのとりあえず返済させてくれという一言。
これを発端に転落への道を進んでいきますが、資金回収のために平気でうそをつく銀行員のやり方には、激しい嫌悪感を感じました。

わずか1年も経たない間に全盛期から転落まで悲惨な経験をしていますが、それを怖いなと思う一方でそれでもやはり経営に憧れてしまいます。

この手の本を読むたびに思うことがあります。
いかにサラリーマンとして生きる事がつまらない生き方かということを。

今のつまらないサラリーマン生活をしている私には、このような大失敗をしていることでさえうらやましいと感じてしまいます。

いつしか私にもこういう人生を歩む事ができるのでしょうか。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

村上ファンドの研究 巨大メディアを狙う「ヒルズ族」の野望



最近は仕事が多忙ですが、本を読む時間だけはしっかり確保しています。
週末に2か3冊買って読みます。

その分週末はほとんど出かける機会がなく、ずっと家にいますが。

そんな中今日は”村上ファンドの研究 巨大メディアを狙う「ヒルズ族」の野望”を読みました。
村上ファンドという言葉は知っていましたが、この人が何をした人なのかは全く知りませんでした。

昔の自分もそうですが、言葉だけは知っているけどその本質を知る人は意外に少ないように感じます。
例えば、ニュースでホリエモンが証券法違反で逮捕されたと聞いたけど、何をしたのか知らない、サブプラインローンが引きかねで世界同時不況に陥ったけど、そもそもサブプライムローン事態よく知らない。
そういう人は非常に多いように感じます。

まず村上ファンドとは
村上ファンド(むらかみファンド)とは、元通商産業省官僚の村上世彰、元野村證券次長の丸木強、元警察庁官僚の滝沢建也らが率いていた、投資、投資信託、企業の買収・合併に関わるコンサルティングを行っていたグループの通称である。
日本で肥大化しすぎた投資信託の会社です。

読んでいて思ったことは想像していたよりもはるかにドス黒い世界でした。
何千億という単位で株が取引される世界、裏で繋がってる権力者たち、さらにそこから駆け引きもあり金や権力に目がくらんだ大人たち。

ほんとに腐っているなと思うのが、大手金融機関の役員や政界で権力を持ち続ける高齢者です。
例えば、頭が真っ白なおじさんが会長や役員という役職ですが、そもそもこんな歳で今の変化が激しい時代を柔軟な対応ができるのか疑問を持ちます。
ただの金の亡者にしか見えないです。

手に入れた権力は手放したくないと思っているのでしょうが、若い世代に譲るべきです。
自分のおじいちゃんくらいの年代が会長とかいって、いつまでもトップに立っているのは違和感を感じてしょうがないです。

個人的に村上やホリエモンは彼らを堂々と批判するのですごい好きです。
ただ、彼らも結局は逮捕されてしまったので、やはり巨大権力には勝てないということなんですかね。

これ以上に若者が生きにくい社会にだけはしてほしくないです。
本書にこんなことが書かれていました。

TBSは分社化によって本体の経営コストの大幅な削減を行ってきた。
新入社員はまず子会社へ入社させ、子会社の給与体系で本社勤務をさせて人件費を30パーセント削減する。
経営陣は”敵対買収に備える為、財務体質を強化しておくのが目的だ”と説明しているが、実際は新しい新社屋の赤坂5丁目のTBS再開発事業のための資金づくり。
つまり経営陣の自己満足です。
この怠慢は、厚生省をはじめとする高級官僚たちが無計画に全国に無駄な職員向けの住宅を建設して年金資金を枯渇させている状況とかわりはない。
とかかれています。

権力者の怠慢のために若者の給料が減らされたあげく、高齢者が増え年金や税金があがり、さらに最近の若者は忍耐力がないとかいわれ、やられたい放題です。

この歪んだ世の中はだれが正すのでしょうか。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

USEN宇野康秀の挑戦! カリスマはいらない。



<著書紹介>
いま一番注目される経営者、USEN社長の宇野康秀が、学生時代からライブドアへの出資までを初めて語った!自分にカリスマ性がないとコンプレックスを持っていた宇野は、「カリスマ性だけが成功するスタイルではない」と、独自のチーム経営を実践。インテリジェンスの設立、光ファイバーサービスの参入、無料ブロードバンド放送「GyaO」の躍進など、次々と成功させてきた。本書では、宇野康秀本人はもちろん、役員、友人などへの徹底した取材をもとに、ジャーナリストが宇野康秀の経営術と素顔に迫る。

最近はこの世代の経営者の本をよく読みます。
そうすると決まって出てくる経営者の名前があります。

ソフトバンクの孫正義、楽天の三木谷、ライブドアの堀江貴文、そしてサイバーエージェントの藤田晋などなど。
そして今回はUSENの宇野康秀の本を読みました。

彼らの本を読んでいると自分も経営をしてみたいという強い衝動にかられます。
また、今の会社でただ言われた事をこなしている自分が、いかにつまらない仕事をしているかという事をしみじみと感じます。

この本の内容に宇野氏の若者への出資話がありました。
宇野氏が出資するのは
”本当に真剣なのかどうか。会社が大変なときに寝ないで働けるか。うまくいったからといってお金を持って六本木で働くやつかどうか。どこを目指しているのかという思想が大事。”
事業に掛けるまっすぐな情熱を応援するそうです。

逆にいうとこのまっすぐな情熱がなければ経営することは難しいという事ですかね。
たとえば、社会貢献がしたいや、新しい価値を生み出したいなど。

今のわたしにはそういう思想はまったくないです。
チームや社会を尊重するよりも自己中心的な考えを持つわたしにとって、社会貢献はキライな言葉です。

単に経営をしてみたい、そして将来はお金に困らない自由な生活を送りたい、そのためにお金を稼ぎたいと思っている私には経営者には向いていないのかもとおもってしまいました。

逆にかれらの、どこまで事業を大きくしたいのか、なんのためにしているのか、どうしてそうしたいのか、そういう根本的なことが知りたくなりました。

この人たちは仕事に明け暮れ、時代の最先端を走り日本中に知られるような有名企業になりましたが、最終的にはなにを目指しているんでしょうか。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
プロフィール

yasuyyyy0131

Author:yasuyyyy0131
こんにちはyasuです。
年齢 :24歳
性別 :男性
出身地:青森県
現住所:東京都
趣味 :読書、映画、海外旅行
特技 :iPhoneアプリ自宅開発
資格 :基本情報処理試験
    TOEIC700点
●経歴
・大学を卒業(2008年3月)
・ソフトウェア開発会社就職(2008年4月)⇒退職(2009年12月)
・海外に語学留学(2010年1月)
・転職活動中(2010年5月)

 私の目標は、”起業する”、”世界一周する”、”20代で年収1000万”です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
目次
おすすめ本








RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。